« 大衆音楽史 | トップページ | 初3D映画 »

わが家ができるまで

引渡しが終わりました

わが家の話。設計がひと段落してからさっぱり家の話題を書かなくなってしまいましたが、当初の予定よりも1ヶ月近く早く工事は終わり、先日引渡しをしてきました。といっても、外構工事がまだ残っていて、引越しは今月末。まあ、当初の引渡し日に近いところでしょうか。

以前も書いたように、わが家は2階玄関なので、道路から玄関に入るのに橋を作らなければなりません。引渡しの段階ではまだ骨組みだけで、それを仕上げてもらわないと引越しはできません。ということで、ここでわが家の工事工程を簡単に説明しておきましょう。

1.基礎工事

わが家の工事に入る前、どの範囲に家を建てるのかということを確認する地縄立会いというのをしました。それが6月はじめくらいだったでしょうか。わが家の基礎工事は梅雨の時期に当っていたのですが、今年の梅雨はあまり雨が降らなかったので、この工程が予定よりも短く済んだということですね。

昔の家といえば、1階の床下は土むき出しの地面だったわけですが、最近は違います。床下からの湿気が上がってこないように、地面に砂利を敷き、防水シートを張り、その上にコンクリートを全面にわたって流してしまいます。確かにこれで家には湿気がきませんが、そのコンクリートの下はどうなるのだろうと素朴に疑問を抱いてしまいます。

全面に流し込んだコンプリートはベタ基礎と呼ばれ、そこから立ち上がりといって1階の壁の部分に垂直な仕切りを入れます。基礎自体の高さは40cmくらいになるようです。つまり、ベタ基礎から床下までにできた空間に排水などの管を通すわけですね。1階の床には床下点検口が設けられ、配水管などに損傷などがあれば、そこに人が入って修復するという感じです。

2.木工工事

立ち上がりの基礎の上に柱を入れます。この辺はあまり見学しないうちに工事が進んでしまったので、よく分かりません。ともかく、在来工法と呼ばれる柱の組合せで家を建てていく工法ではなく、わが家は2×4なので、かなり違うようですね。2×4というのは、通常より太い(?)2インチ×4インチの柱を有効に使って強度を確保するということらしいですが、床や壁が工場であらかじめ作られていて、それを運んで設置し、畳まれていた壁を立ち上げていくという工法のようです。ということで、基本的に壁の厚さは4インチ+α(その外側に石膏ボードを貼っていく)ということになります。もちろん、外壁はもっと厚いです。なので、従来工法では骨組みが出来上がった段階を「上棟」といいますが、わが家はその段階はあっという間に過ぎてしまいました。

この段階での立会いがありましたが、2×4といえど、屋内の壁はまだ柱でスカスカです。壁がないので広く見えるような、柱ばかりで狭く見えるような、なかなか広さの間隔がつかめません。この日の立会いは電気工事に関するものでした。電気は当然床や天井、壁にコードが埋め込まれ、コンセントやスイッチが壁に配置され、照明器具の接続器が天井につけられます。

3.外壁・屋根工事

わが家は外断熱とのこと。ですので、電気工事立会いのときに内側から見た外側の壁の内部に断熱材は入りません。石膏ボードを内側に貼って、中は空洞のようです。外側にはモルタルを塗り込むための細い針金のようなものでできたものが貼られていました。私はモルタル工事の現場も、その状態での仕上がりも直接は見ませんでしたが、妻は何度も現場に立ち寄っていたので、写真を撮ってくれていました。非常にきれいにモルタルが塗られています。そして、最終的にそこにまた材質としてはモルタルのようですが、わが家が選んだのはJストンコートという製品(標準仕様です)が吹き付けられます。住友林業の場合はオーナーサイトがあって、パスワードでログインすると、現場写真が見られるようになっています。どうやら、この吹き付けには非常にシンプルな道具が使われているようです。これで家全体に吹き付けるのは大変そうだ。

屋根についてはわが家は標準仕様のスレート瓦です。瓦が貼られる前の状態も一応見ましたが、屋根はやはり近くでは見られないので、正直よく分からない。ただ、何度か書いているように、わが家は2階玄関なので、比較的屋根は近くで見られます。そして出来上がってみると、屋根の存在感はけっこうありますね。

2.内装工事

内装工事も私が行けていない間にどんどん進み、電気工事立会いの次に訪れた時には石膏ボードが全て貼られていました。これで全体の広さの感じが分かりましたが、やはり壁紙を貼るかどうかで明るさの印象も違いますね。床板も既に張られていましたが、工事中は大工さんが傷つけないように養生されていて、床板はほとんど見られません。順序は前後しますが、最終的に壁紙が貼られます。今住んでいるマンションは私たちが入居する前にリフォームされて、壁紙などは全て貼り直されたものですが、いくつか気になる点があったんですよね。もちろん、新居では全て石膏ボードの上に貼られ、今のマンションは鉄筋コンクリートなので、一部は直接コンクリートの上に貼られているようで、施工の状態も違います。しかし、やっぱり新築の仕上がりは大分違います。素晴らしい仕上がりでした。

3.ユニットバス、システムキッチン、トイレなど

ユニットバスは大分早い段階で取り付けられました。その名の通り、出来合いのものがはめ込まれるものなので、途中の段階は見られませんでしたね。ただし、今回は念願のお風呂に窓がついています。システムキッチンは本来壁側に取り付けるタイプのI型をアイランド的に設置してもらっています。よくありがちな上の棚はやめてもらって、換気扇のところには壁をつけ、シンクの手前にはカウンターをつけてもらいました。システムキッチンといいながらもいろいろ融通は利くようです。トイレの設置はかなり遅い段階だったようです。こちらは特筆することなし。

4.建具

やはり一戸建てとなるとドアの数も多いですね。2階からいきますと、当然玄関ドアがあります。玄関を入ったところにはトイレと収納があります。トイレの開き戸と、収納は奥行きが小さいので折り畳んで開くタイプ。どちらも標準仕様ですが、白いものにしてもらいました。玄関からダイニングキッチンに入るドアは別のメーカーの商品を取り寄せてもらい、しかも床にレールが付かない釣り戸にしてもらいました。ダイニングキッチンから和室に入る戸襖は、ダイニング側はダイニングと同じ壁紙を貼り、和室側も和室と同じ壁紙を貼っています。なぜか、この戸襖の取り付けはかなり遅かったです。そして和室には押入れ襖。こちらも別の柄の壁紙を貼ってもらいました。

1階に下りるとすぐに水回りがあります。そこに入る引き戸は標準仕様。中にはお風呂のドア。こちらも引き戸にしたかったのですが、標準仕様の折り畳み戸。1階には夫婦の寝室になる和室への入口の引き戸と子ども部屋になる洋室の開き戸があります。洋室のものはウォールナット色にしました。

まあ、そんなところでしょうか。出来上がりに関しては、今後気が向いたらウェブ内覧会などもやるかもしれません。

922日に竣工立会いがありました。事前に無料の講習会を受け、チェック項目を確認しておきましたが、やはり新築の家に入ると感激してしまいますね。粗探しはなかなかできません。といいつつ、やはり図面からでは分からない細かな指示が現場には伝わっておらず、施工しなおしてもらった箇所がいくつかありました。しかも、その中の1点は引渡しの時に気づいたのです。不幸なことにそれは壁紙の貼り替えも伴うもので、その壁紙は使い切ってしまっていました。結局、工事用の鍵を預けたまま、私たちも工事用の鍵で当分は出入するということになりました。

写真もありますが,今引っ越し作業でいろんなものを段ボール詰めしてしまい,カメラからデータをパソコンに取り込めないので,写真が引っ越し後のお楽しみ。

|

« 大衆音楽史 | トップページ | 初3D映画 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/58403604

この記事へのトラックバック一覧です: わが家ができるまで:

« 大衆音楽史 | トップページ | 初3D映画 »