« 連休は肉体労働 | トップページ | 久し振りにCDまとめ買い »

謹賀新年

今年最初のblogになります。昨年中に書くつもりでしたが,間に合わず。普通だったら積極的に起きている年明けですが,今は喉をいためていて,妻子が寝ている中,咳き込んで眠れず,1人で起きたまま年を越してしまいました。

昨年観た映画は71本。一昨年とほぼ同じ数でしたね。昨年は家作りに明け暮れた1年でしたから,合間を縫って,よく観た方だといえるでしょう。

1227日(金)

妻より一足先に仕事納めをし,この日はフリー。ただし,家での作業を残していたので,それを一つ片付けます。先日,新しい書棚を組み立てたことを書きましたが,それでもきれいに収まらず,一人暮らしをした頃に購入した高さ90cmの書棚を分解して,高さ180cmの書棚の上に積み重ね,天井までの空間を有効利用することに。書棚の側板を半分に切り,金具で接続します。この日は上映最終日を迎えているレイトショーのみ上映の映画があったので,妻子の帰宅を待って,外出。お目当ての作品は40分程度の中編だったので,その前に1本。

渋谷ユーロスペース 『楽隊のうさぎ

『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』となぜか観ている鈴木卓爾監督作品。特にこの監督が好きというわけではないのですが,本作は予告編で観たいと思いました。『私は猫ストーカー』に続いて出演の宮﨑 将君ですが,今回は主役の中学吹奏楽部の顧問として,比較的普通の役で出演しています。

こういう作品はまあちょっとずるいですよね。演技未経験の若者を,音楽未経験の中学生として演じさせて,その音楽の上達ぶりを撮影の進行にともなう演技の上達(というかカメラ慣れ)とも平行して記録していくという映画ですから。ある意味でドキュメンタリーですよね。でも,結果的に主演の男の子がそれほどめざましく演奏がうまくなっていないというのがこの作品のいいところ。そして,恐らくこの監督のこだわりなんでしょうが,恐らく俳優にマイクをつけておらず,多くの雑音が入っているということ。この辺もドキュメンタリー志向であります。

ちなみに,主人公は最終的にティンパニという打楽器パートのなかでもかなり重要な役割を任されるのですが,実は私もティンパニ経験者なんです。といっても,小学6年生の時に学内でクラス対抗で行われた演奏会でなぜか私がティンパニを演奏したのです。演奏曲の1つはなんとYMOの「ライディーン」でした。これがけっこう好評で,地区代表に選出され,最終的に埼玉県のコンクールにも出場したのです。でも,私のわずかな記憶によると,遠い場所の会場での演奏だったため,ティンパニは学校のを持参せずに,会場のものを借りることになったせいか,まったくひどい演奏だったということ。といっても,私がティンパニを決してうまく演奏していたという記憶もないのですが。

渋谷ユーロスペース 『りんごのうかの少女

上映最終日に観たのは横浜聡子監督最新作。ここユーロスペースで予告編を初めて観た時に「ようやく横浜監督の最新作か」と思い,前売り券を買い求めようとしたが,前売り券はなく当日券1000円均一とのこと。上映時間も40分ほどの短いもの。

予告編では,主人公の少女の両親を演じるのが工藤夕貴と永瀬正敏ということで,かなり期待させる内容でしたが,冒頭でちょっとした疑問が。「企画・制作 弘前市」とあります。「おっと,これは地元PR映画か」という疑念を抱きながら,予告編通りの展開を楽しんではいたが,結末としては,抱いていた疑念が納得に変るものだった。横浜監督らしからぬハッピー(?)エンド。

最終日ということで,(恐らく)監督自ら観客に弘前産のりんごを配るサービス。でも,やっぱりPR映画だったのか...

1230日(月)

新宿武蔵野館 『鑑定士と顔のない依頼人

2013年最後の鑑賞となった映画はこちら。後から知ったのですが,なんとこの映画。『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督作品だったそうで。ジェフリー・ラッシュ主演だし,舞台もさほどイタリアを意識させるものではなかったのですが,エンドロールでのロケ地がどれもイタリアの都市で,本作はイタリア映画とのこと。英国の若手俳優ジム・スタージェスも重要な役どころで出ているし,イタリア映画も変りますね。

さて,内容はかなり楽しめるものではありましたが,ちょっとずるい感じのストーリーでもあります。最後に驚く展開が待っているわけですが,その詳細は語られないし,多くの観客に予想させる展開も,どうしたらそれが可能になるのかは怪しいところもある。まあ,といいつつも純粋に楽しめる作品です。

本年もよろしくお願いいたします。

|

« 連休は肉体労働 | トップページ | 久し振りにCDまとめ買い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
「楽隊のうさぎ」はご覧になった2人のマイミクさんがとても高く評価されている作品。
岡山では11日からの公開で、初日には鈴木監督の舞台挨拶があるのです。その回に行くつもり。
************
「りんごのうかの少女」 気になっている作品です。
こちらでは上映予定がなくて。
相変わらず、ニクイ選択ですね。
でも、PR映画でしたか。
・・・・横浜監督のPR映画なら、逆に私好みかも(笑)。
りんごは、ちゃんと持ち帰りやすいようになってましたか?
************
「鑑定士~」は、岡山では2月の公開。
楽しみにしている1本です。
************
本日はサービスデーなので、これからご近所シネコンに2回目の「永遠の0」を観に行ってきます。
本年も宜しくお願いします。
早く喉を治して下さいね。

投稿: 岡山のTOM | 2014年1月 1日 (水) 08時35分

あけましておめでとうございます。

と申し上げたかったのですが、年賀状が転居先不明で帰ってきてしまいました。新居の住所を教えていただけますか?

投稿: ムツダ | 2014年1月 1日 (水) 15時20分

TOMさん

あけましておめでとうございます。
鈴木監督の舞台挨拶付き,いいですね。
私も『ゲゲゲの女房』の時は舞台となった調布での舞台挨拶を観ていますが,その際は吹石一恵さんも一緒だったので,監督には目がいきませんでした(笑)。
リンゴはチラシと一緒に袋入りでした。

喉はかなりよくなりました。
こちらこそ,今年もよろしくお願いします。


ムツダさま

あけましておめでとうございます。
こちらから年賀状をお送りするので,しばらくお待ちください。

投稿: ナルセ | 2014年1月 5日 (日) 18時51分

年賀状ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: あおき | 2014年1月 5日 (日) 23時40分

あおき君

久し振りに書込みありがとう。
年賀状も届きました。
もしよろしければ,わが家を学会の際の宿にでも使ってくださいな。
私は学会に参加できるかどうか分かりませんが。

投稿: ナルセ | 2014年1月 7日 (火) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/58859132

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« 連休は肉体労働 | トップページ | 久し振りにCDまとめ買い »