« 新年度始まりました | トップページ | 久し振り有料ライヴ »

バウスシアター閉館

426日(土)

最近はたまにしか日記を書かないので、映画をどの日に観たのか、明確に思い出せなくなっています。

新宿シネマカリテ 『ある過去の行方

『別離』は観なかったけど、アカデミー外国語作品賞を受賞して有名になったイランの監督作品。『彼女が消えた浜辺』は観ています。

今回はフランスを舞台にしたお話。フランスでフランス人女性と結婚したイラン人男性が、離婚協議で4年ぶりに訪れるフランス。詳しい事情は鑑賞者に少しずつ与えられていくのだが、その辺の配分がすばらしい脚本。良質な作品です。ちなみに、舞台となる女性が暮らしている家の庭にはわが家と同じ洗濯物干しがありました。

427日(日)

かつてのライヴ友だちTOPSさんから久し振りにメールをいただき、そのなかにあったフリーライヴ情報から、久し振りにコーコーヤを聴きに行くことにした。なんでも、新しいアルバムができているとのこと。

笹塚にある台湾物産館で台湾食材を買い、バスで渋谷に移動し、西武モヴィータ館がリニューアルして全館無印良品になっていたので、いろいろ見て、Cafe & Meal MUJIで一休みしてヒカリエに移動。

渋谷ヒカリエ コーコーヤ

そういえば、息子が生まれて間もない頃に2枚目のアルバムを発売していたコーコーヤ。タワーレコードでのインストアライヴに連れて行ったら、大音響に泣き出した息子でしたが、今回はなんと寝てしまいました。それなりの人だかりがあり、息子の背丈では観られなかったので、肩車をしていると、なんとなくぐったりしている気がして、下ろしてみるとネムネム状態。同じフロアに広いソファがあったので、そこで寝かせて、私は聴きに戻ります。やはりさすがですね、この3人。生音楽演奏の素晴らしさを再確認しました。CDを購入し、お2方に挨拶を。

430日(水)

この日は大学の講義日ですが、なんと早稲田大学は全学臨時休講。1時限の東京経済大学の授業を終え、吉祥寺に移動。献血ルームで成分献血をし、ゆっくり休む余裕もなく、昼食のパンと缶コーヒーを買って映画館に移動。

バウスシアターは水曜日がサービスデーで1000円均一なので、東京経済大学しか授業がなかった昨年度はよく利用していました。そんなバウスシアターも開館から30年が経ち、ついに閉館することになってしまいました。なんとか閉館前に観にくることができました。

クロージング作品として上映されていた吉祥寺を舞台にした作品を観ることにしました。

吉祥寺バウスシアター 『さよならケーキとふしぎなランプ

主演は平田 薫という女優さんで、どこかで見たことはあるような顔。調べると、2007年には『幸福な食卓』や『アヒルと鴨のコインロッカー』などにも出演していたらしい。18歳の頃。しかも、翌年には『うん、何?』にも出演していたというからちょっと驚き。最近では『潔く柔く』。

相手役にはシンガーソングライターの堂島孝平。1976年生まれの彼ももう38歳なんですね。俳優としてもけっこういいかもしれません。本作では小学生の子どもがいる(いた)設定です。

まあ、大した映画ではないんだけど、こういうちいさな映画が作られ、上映され続けるというのは重要です。そういう時に、こういう映画館の存在が大きいと思うのですが、なかなか世の中はうまくはいきません。とても残念です。

|

« 新年度始まりました | トップページ | 久し振り有料ライヴ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バウスシアター、いつかは一度行ってみたいとずっと願っていたし、きっと行けると思っていたのですが・・・・。
どうやら、ご縁のないまま、お別れすることになりそうです。
残念。

投稿: 岡山のTOM | 2014年5月10日 (土) 16時45分

TOMさん

残念でしたね。
私ももう少し頑張ってくれるとは思っていましたが,このニュースはけっこう突然でした。
確かに,映画館は2階にあるのですが,エレベータもなかった気もしますし,最近は耐震性云々で建物的にってのもありますね。

投稿: ナルセ | 2014年5月17日 (土) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/59615727

この記事へのトラックバック一覧です: バウスシアター閉館:

« 新年度始まりました | トップページ | 久し振り有料ライヴ »