« 久し振り有料ライヴ | トップページ | 世界の尺度 »

モグラと蟻

518日(日)

府中TOHOシネマズ 『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜

この日は妻と息子が機関車トーマスの映画を観るということで、一足先に同じ映画館に出かけ、別の作品を一人で観ることにした。選んだのは矢口史靖監督最新作。今年はすでに『銀の匙』という農業もの映画を観たが、こちらは林業もの。さすが矢口監督のエンターテイメント。染谷将太君のいい加減さも板についているし、ほぼノーメイクの長澤まさみも思ったよりも長時間拝める。しかし、もう少し何かがほしいってところでしょうか。ストーリーに意外さがないってところが一番でしょうか。おそらく、原作ではその辺がしっかりしているのでしょうが、映画では林業についての描き方がかなり不足している印象。矢口監督の次回作はやはりオリジナル脚本でお願いしたい。

524日(土)

夫婦で観たいと思っていた映画の前売り券を2枚買っていたが、上映開始からしばらく経ってしまっていたので、間もなく閉館になる吉祥寺バウスシアターで続けて観ることにした。まず私が先に行って、お昼に落ち合う。吉祥寺の有名なドイツパンのお店、リンデで食事。しばし家族で過ごし、午後の回を妻が観て、父子は帰宅という予定。

吉祥寺バウスシアター 『ブルージャスミン

意外にもケイト・ブランシェットは本作で初めてアカデミー主演女優賞を獲得したとのこと。ウディ・アレン作品です。ウディはすでに78歳(私の母親と同い年か!)とのことですが、安定した面白さがあります。コメディを基本とするウディ・アレン監督ですが、本作は本人の出演もなし、妻曰く「痛い」作品でした。それにしても、ケイト・ブランシェットの魅力溢れる作品でした。高級ブランドに身を包んだ華やかで笑顔を振りまく姿から、富を奪い取られながらも、プライドとの葛藤で必死に生きる姿まで。やはり素晴らしい女優ですね。ウディ監督にもまだまだ頑張ってもらいたいです。

日記のタイトルですが,最近のわが家の懸案事項。

家のすきまを縫って部屋に入り込んでくる蟻と庭を縦横無尽に行き来するモグラ君。長い付き合いになりそうです。

|

« 久し振り有料ライヴ | トップページ | 世界の尺度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「WOOD JOB!」は、少し物足りない内容でしたか。
私は幸い、堪能できました。
原作は3~4年前に読了。面白かったものの、続編も読みたいというほどではありませんでした。
映画は、監督たちの現地取材によりオリジナルの部分も少なからず含まれていたようです。原作以上の出来に思えました。
矢口監督、次回はどんなユニークな題材を取り上げ、どういう魅力的な女優を起用して新作を撮ってくれるのでしょう?!

投稿: 岡山のTOM | 2014年5月30日 (金) 03時52分

TOMさん

さすが,原作もチェック済みですね。
「原作以上の出来」とのこと,ちょっと驚きです。
そういえば,西田尚美さんは,『銀の匙』に続いて出演していましたね。
苦労女もよく似合う。

それより,『ブルージャスミン』はスルーでしたか。

投稿: ナルセ | 2014年5月30日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/59725312

この記事へのトラックバック一覧です: モグラと蟻:

« 久し振り有料ライヴ | トップページ | 世界の尺度 »