« 近代日本とアイヌ社会 | トップページ | 娘が産まれました »

幕末・維新

井上勝生 2006. 『幕末・維新 シリーズ日本近現代史①』岩波書店,242p.,820円.

岩波新書の「シリーズ日本近現代史」は吉見俊哉『ポスト戦後社会』,成田龍一『大正デモクラシー』についで3冊目。

先の読書日記でも書いているが,北海道の近代化について勉強し,さらにはその内容で講義をするにあたって,日本自体の近代化についての知識不足を痛感し,急いで読んだ1冊。このシリーズは岩波らしい著者の選出で,一般的な広範な知識の伝達よりもより突っ込んだ歴史の本質を追究するようなところが面白い。といいつつ,先に読んだ2冊はその特徴故にか,いまいちな読書感だったのに対し,本書はなかなか楽しめました。

私は西川長夫氏の近代国家論で日本の近代化について知った気でいましたが,改めて読み返してみると,細かい史実についてはほとんど説明がなく,これでは学生には説明できないし,自分自身もそうした細かい史実の知識がいかに欠落しているかを思い知った次第。

はじめに——喜望峰から江戸湾へ

第1章 江戸湾の外交

第2章 夷攘・討幕の時代

第3章 開港と日本社会

第4章 近代国家の誕生

第5章 「脱アジア」への道

おわりに

最近の歴史学の特徴ではありますが,本書の特徴は,ヨーロッパの近代化に比べ,日本の近代化は開国・文明開化という形で急速に進んだのが特徴ですが,それを時代の断絶としてではなく,なるべく連続性のなかで捉えようとするところにあります。

また,欧米列強による強制的な開国として捉えるのでもなく,日本なりの正統性を持った対等な立場を貫こうとする外交が行われた事実も強調しています。その一方では,章のタイトルがあまりにも一般的な割にはそれ自体については詳しい解説がなされていないのも特徴。特に後半の「近代国家」というものが日本では具体的にどのような形を成したのかとか,「脱アジア」とは何かについては説明が不足しているような気がする。

ただ,著者なりのこの時代の理解はとても説得的で魅力的でした。著者がたまたま札幌農学校に関する論文も書いていたことも,今の私にとってはちょうどよかったのかもしれません。巻末の年表も便利です。

|

« 近代日本とアイヌ社会 | トップページ | 娘が産まれました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/60481187

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末・維新:

« 近代日本とアイヌ社会 | トップページ | 娘が産まれました »