« 舞台挨拶2つ | トップページ | フランス農村史の基本性格 »

公開間もなく観た作品

2015211日(水,祝)

有楽町ヒューマントラストシネマ 『ジミー,野を駆ける伝説

ケン・ローチ監督作品ということで,迷わず前売り券を購入したものの,なかなか観る機会がなく,ようやく祝日に足を運んだ。すると,水曜日はヒューマントラストシネマのサービスデー。またチケット代を損してしまった。

『麦の穂を揺らす風』に続くアイルランドもの。今回は片田舎で市民のために行われたちょっとした社会変革が,田舎ならではの弾圧を受けるという内容。邦題はちょっと大げさで,原題は「Jimmy's Hall」といって,ジミーという青年が地元に皆の協力のもと,建てたちょっとしたホールのこと。そこでは,皆が集いダンスパーティが行われ,ちょっとした文化教室が開かれる。当時のアイルランドの農村では,社会を牛耳るのはカトリック教会ということで,地元の神父がその行為を「共産主義者」とみなし警察などを巻き込んで弾圧していく。

こういう地味なテーマを素晴らしい脚本と映像で仕上げるケン・ローチの手腕に脱帽。

2015年2月14日(土)

この日はTOHOシネマズデーということもあり,妻と息子がムーミン映画を観る予定で,ウェブ予約。終わったら交代して私が別の作品を観る予定だった。しかし,妻と息子が最寄り駅に行くと,なんと京王線が止まっていました。結局足止めされてしまい,最寄り駅前のパン屋で家族で昼食を取り,私だけがウェブ予約していた映画を観ることにした。

府中TOHOシネマズ 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

この手の映画は独身時代は好んで観ていましたが,結婚してからはさっぱり。キャリー・マリガンが出演していた『シェイム』も性依存症がテーマだったため観なかったけど,かなり後悔している作品。ということで,本作も予告編は観ていましたが,SMらしきシーンがあり,観ずにすますつもりでした。しかし,どうやら本作は台湾で先に公開され,話題になっていたようで,そしてTOHOシネマズでもやっていたということで,勧めてくれたのは妻。時間的に『味園ユニバース』も勧めてくれましたが,なんとなく山下敦弘監督作品を観る気にもなれず,こちらを選択。

うーん,なんとなく消化不良の作品。確かにきれいにはできあがっていますが,結局人物の心理描写も中途半端だし,性描写も新鮮味があるわけでもないし。例えば,男が氷を加えて女性の体を這わせるシーン,これって『ナイン・ハーフ』を思い出します。まあ,懐かしさを持って観るかんじでしょうか。

2015年2月17日(火)

新宿シネマカリテ 『ラブストーリーズ コナーの涙

公開前に,日本に遊びに来た妻の台湾の友人と一緒に立ち寄った際,前売り券を購入。その友人は台湾の映画館で働いているということで,かなりの映画通。しかも,米国の作品は日本よりも早く公開されることが多く,本作もお勧めされた。

本作は1つの物語を当事者である男性の視点と,女性の視点とで2つの作品として描くもの。かつて日本でも『冷静と情熱の間』という,男女2人の作家による原作がありましたが,映画では1つになっていた(読んでも観てもいません)。主演はジェームズ・マカヴォイ。女優さんの方は見たことがありません。顔もあまり好みではありませんが,1つのストーリーを2つの映画として作ったことの意義を確かめることにしました。

まず観たのは,男性の視点。こちらは分かりやすいですね。まさに物語展開も男性的に作られていて,全体像がよく見渡せます。女性は若干不可解な存在として描かれていて,その謎がもう1本の映画で解明されるということなのでしょうか。あるいはやはり女性の視点は女性的な物語で不可解なまま残されるのでしょうか。もう1本が楽しみです。映画としてもそこそこ楽しめます。

|

« 舞台挨拶2つ | トップページ | フランス農村史の基本性格 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ジミー、野を駆ける伝説」は、28日からの公開。
良かったですか。 どうするか迷っています。
「ラブストーリーズ」は、5月。まだ予告編もかかっていませんが、あまり行きたいとは思えなくて。
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」は観ましたが、どうも中途半端な印象でした。ヒロイン役のダコタ・ジョンソンは結構好みのタイプで、これからに注目です。
******************
岡山を舞台にした「でーれーガールズ」にも足を運びましたが、あまりオススメしません。
さて、1日(日)は何を観に行こうかな。

投稿: 岡山のTOM | 2015年2月26日 (木) 06時12分

TOMさん

私はケン・ローチの作品は基本的に観ておきたいので。
観て損はないと思いますよ。

『ラブストーリーズ』は今週末に2本目を観る予定です。

確かに,ダコタ・ジョンソンは魅力的な女優さんですね。
ヌードがなくても大丈夫だと思います(笑)。

投稿: ナルセ | 2015年3月 5日 (木) 05時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/61192111

この記事へのトラックバック一覧です: 公開間もなく観た作品:

« 舞台挨拶2つ | トップページ | フランス農村史の基本性格 »