« 美術の物語 | トップページ | 日本近代国家の形成 »

恵比寿ガーデンシネマに行ってきました。

2015412日(日)

ここのところ,新作映画にぱっとしたものがない。観たい映画の上映期間が集中して観逃してしまうことがある一方で,観る時間があるのに観たい作品がないなんてこともありますね。

ということで,妻は観たけど私は観なかった作品が都合の良い時間で再映していたので,観に行くことにした。

下高井戸シネマ 『バンクーバーの朝日

石井裕也監督作品はこれまでけっこう観てきたけど,なんとなくこちらは気が進まなかった。でも,観てよかったと思える作品。もちろん,最近はCGも使っているとは思うけど,セットは歴史的雰囲気をよく出していたし,妻夫木君の演技も良かった。やはり映画界で愛される俳優ですね。

史実に基づくとはいえ,急に頭脳野球で頭角を現すという展開はかなり無理があるものの,一つだけ他の野球映画とは一線を画す,素晴らしい点があった。それは,チームの躍進に対する温度差の表現だ。大抵の野球映画(あるいはスポーツ映画)はやはり競技者の感情の高まりが重要で「俺たちすごい!」という感じなのだが,この作品では本人たちが一番テンションが低い,というかその実感のなさをうまく表現していると思う。「ああ,俺たち初めて点取っちゃったよ」みたいな困惑の表情を捉えている。

さすがです。石井監督。

2015年4月19日(日)

この日は映画二本立て。まずは,朝から息子を連れて近くのシネコンへ。

府中TOHOシネマズ 『きかんしゃトーマス 勇者とソドー島の怪物

連れて行ったのはトーマス映画。トーマスといえばかつてはコマ撮りでその素朴さが魅力でした。もちろん,最近ではCGアニメ化しているわけですが,今回はなんとなく抵抗なく観に行くことができました。

実際に最新のCGはよくできています。物語もよくできていて,十分に楽しめました。しかし,客席はあまり埋まってなかったなあ。

一度息子を連れて帰宅し,自宅で食事をしてから再び出かけます。今度は恵比寿まで。先日お知らせしたように,恵比寿ガーデンシネマが再オープンしました。調べたら,観たいなと思う作品がやっていたので,観に行くことに。

恵比寿ガーデンシネマ 『カフェ・ド・フロール

選んだのはヴァネッサ・パラディが出演している作品。フランス語映画ですが,舞台は現代のカナダと1960年代後半のパリ。いやいや,これがなんだかすごい作品でした。まずは,ヴァネッサが出演していたパリの物語から。こちらはヴァネッサ演じる女性が出産するところから始まります。生まれたのはダウン症の男の子。父親はそんな子どもから逃れてしまい,シングルマザーとして当時ダウン症の子どもの寿命は25歳程度といわれていたため,どれだけ長生きさせられるかに命を賭ける。その子どもを演じる子役は少なくとも3人いたと思うが,まさに親子にしか見えない演技。乳児の子は実際に乳をふくませるシーンがあり,ヴァネッサはかつての輝かしいロリータ・アイドルではなく,まさに疲れた母親に見える。かつてはチャームポイントだった前歯の隙っ歯も貧しさの象徴に思えるくらい。最近はダウン症の俳優もいるが,素か演技か分からないほどの親子関係をスクリーンでみせてくれる。

さて,一方でカナダの物語。こちらは一見幸せに見える40代のDJ男性。しかし,一緒に住む2人の娘は前妻の子どもであることが分かってくる。前妻は離婚のショックで精神を病み,自分と戦う日々。それこそ映画でも語られているが,結婚するカップルの大きな割合が離婚を経験する現代。ここで描かれるような離婚はいたって普通のものであるが,かといってそれは何でもないことではなく,それによって苦しんでいる人がそれだけ増えているということでもある。そんな,当たり前のことをあたりまえではないように考えさせる映画。

パリとカナダのシーンはゆるやかにつながってはいますが,そこはうまく説明ができません。

|

« 美術の物語 | トップページ | 日本近代国家の形成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「バンクーバーの朝日」は、肝心の野球のシーンで全く盛り上がらず、残念な一本でした。かなり期待していたのですが。
何にせよ、スクリーンでキャッチ出来て良かったですね。いいなぁ、東京には名画座があって。
 
「カフェ・ド・フロール」は、タイトルは目にしたことがあるものの、それほど注目していませんでした。
『恵比須ガーデンシネマ』で上映される作品なら、簡単にスルーしちゃいけませんね(笑 こう思える映画館ってありますよね)。といっても、今のところ岡山での上映予定はないみたいですが。
いいなあ、早く一度、同館を体験してみなければ。

投稿: 岡山のTOM | 2015年4月23日 (木) 03時44分

TOMさん

私は『バンクーバーの朝日』はあまり期待していなかったので,楽しめたのかもしれませんね。
まあ,確かに地味な野球で勝っていたのですから,仕方がないといえば仕方がない。

恵比寿ガーデンシネマについて,あまり書いていませんでした。
おそらく,シートは入れ替わっているとは思いますが(肘掛けが立派になっていました),配置や大きさは変わっていなかったように思います。2スクリーンあるのですが,もう一つの方も早く入りたいですね。

投稿: ナルセ | 2015年4月26日 (日) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/61475891

この記事へのトラックバック一覧です: 恵比寿ガーデンシネマに行ってきました。:

« 美術の物語 | トップページ | 日本近代国家の形成 »