« 哲学における最近の黙示録的語調について | トップページ | 〈持ち場〉の希望学 »

レイトショーで地震

2015524日(日)

新宿武蔵野館 『追憶と,踊りながら

公開を前に監督が来日したりして,随分宣伝しているなと思ったけど,上映館は東京で1館のみ。公開2日目の朝一だったので,少し早めに行ったが余裕だった。武蔵野館も指定席制になっていてビックリ。

出演者の名前は6人。ベン・ウィショー演じるゲイの主人公とその恋人。恋人の母親は介護施設に入所しており,そこで親しくしている老人男性,その介護士。そして,後半で主人公と恋人の母との通訳として登場する女性。

場面も介護施設と主人公の自宅以外には,主人公が何度か利用したカフェぐらいしか出てこない。英国が舞台で,恋人の母親はカンボジア系中国人という設定で,英語はしゃべれない。場面も登場人物も最小限で,会話が中心の映画なのにその会話がうまく伝わらないというところがもどかしく,その分役者の表情にかかっている。主役のベン・ウィショーは『パフューム ある人殺しの物語』の主演だったんですね。とにかく,彼の演技に惹き込まれる作品。こういうミニマルな作品大好きです。いうことなし。

2015530日(土)

下高井戸シネマ 『深夜食堂

ロードショー中に観たかったんだけど,時間が取れずに断念した作品。よくよく調べてみたら多部未華子ちゃんが重要な役どころで出演しているということで,観たくなった。調べてみると下高井戸シネマで再映しているというので,『深夜食堂』をレイトショーで観ることにした。

もちろん,私は観ていないが,もともとテレビドラマだった作品。コメディタッチでいかにもテレビドラマ的だが,主演の小林薫と,それぞれのトピックでの準主役はいたって真面目な役どころというコントラストが面白い。そして,配役がなかなか豪華。横浜聡子監督作品の常連女優野嵜好美さんも出ています。そういえば,多部未華子も横浜監督作品に出ていましたね。といっても,監督は横浜さんではありません。松岡錠司さんという監督ですが,なんと『バタアシ金魚』がデビュー作とのこと。観てよかった作品。

|

« 哲学における最近の黙示録的語調について | トップページ | 〈持ち場〉の希望学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「追憶と~」は、全く知らなかった作品です。
・・・・おや? 岡山のミニシターでも7月に上映予定になっているではないですか。
でも、同館のHPにも掲載されてないし、チラシも置かれてなかった筈。準備されてるところなんでしょうね。
予告編やチラシを観て、どうするか決めたいと思います。
 **********
「深夜食堂」は、岡山ではシネコンでなく昔からある映画館で公開。最初はスルーするつもりだったのですが、評判が良かったしヒットしているとの報道に触れ、じっとしていられなくなって(笑)鑑賞。まずまず楽しめました。
 **********
さて、フリーパスも使えるのは13日(土)まで。
この土日は野暮用で遠方へ出かけていくので、平日に1本ずつ観ていき、有効活用に努めたいと思います(笑)。

投稿: 岡山のTOM | 2015年6月 5日 (金) 02時21分

TOMさん

TOHOシネマズフリーパスは存分に楽しめましたか?
『追憶と,踊りながら』は個人的にお勧めです。
せっかく岡山で上映されますから,是非。

投稿: ナルセ | 2015年6月12日 (金) 06時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/61691856

この記事へのトラックバック一覧です: レイトショーで地震:

« 哲学における最近の黙示録的語調について | トップページ | 〈持ち場〉の希望学 »