« 現代地政学 | トップページ | エスニシティの社会学 »

新学期始まりました

今年度の後期からは明治学院大学での非常勤講師が始まりました。横浜キャンパスといいますが,戸塚にあります。なかなかいいキャンパスによさそうな学生たち。

なんと,社会学の講義です。


201599日(水)

新宿武蔵野館 『彼は秘密の女ともだち

フランソワ・オゾン監督作品。彼の作品は『焼け石に水』が衝撃的で,その当時はなぜか『まぼろし』は観逃してしまったものの,期待しながら観続けていた。しかし,それは徐々に失望に変わり,最近では観なくなっていた。しかし,本作は予告編でそのウィットに富んだプロットと,映像のスタイリッシュさを感じ,前売り券を購入し,期待して公開を待つことにした。

最近,観たい映画がないという妻に予告編を見せたところ,観たいというので前売り券を使ってもらうこととし,私は翌週の武蔵野館のサービスデーに観に行った。実は妻の評価はイマイチだったのだが,私はそれなりに気に入った作品。ゲイである監督ならではの視点だと思います。予告編では乳児の娘を残して妻が亡くなり,ロマン・デュラス演じる男性は娘のために母親も演じるために,ミルクをあげるときは女装をするという設定になっている。しかし,本編ではそれは動機の一つでしかなく,結婚以前から女装の欲望はあったといい,そのことは妻も知っていたという。しかし,この辺の記述は一貫しない。ある場面では,亡くなった妻にウェディングドレスを着させるという行為が自分に女装を目覚めさせたとか,その辺のあいまいさもいいですね。

やはり何よりの魅力は,主演女優のアナイス・ドゥムースティエ。オゾン監督はゲイなのに女性の魅力をよく知っているんですよね。その辺が彼の魅力でもあり,本作の魅力でもある。ゲイといっても一枚岩ではなく,一個人なのだ。本作でも,デュラス演じる男性が一人の男性として,一人の女装家として,亡くなった親友の夫として主人公と向き合うのだが,その前には妻との出会いの場に主人公もいたりして。最終的に主人公は女装家としての彼に恋愛対象としての魅力を感じるということになる。ある意味それは同性愛的関係であるが,しかし性愛はしっかりと男女間のものとして成立し,主人公は妊娠する。もちろん,映像のみでのエンディングの描き方はさまざまな解釈が可能ではあるが。

2015年9月16日(水)

立川シネマシティ 『ピース・オブ・ケイク

田口トモロヲ監督作品。多部未華子久し振りの主演映画ということで、楽しみにしていた作品。でも、相手役が綾野 剛ってのはちょっとどうチに松坂桃李君がゲイ役で、しかも所属する劇団では女装家の役どころ。劇団の団長は、同じくトモロヲ監督作品『アイデン&ティティ』で主演をはった銀杏BOYSの峯田和伸。主人公の親友役で登場する木村文乃ちゃんは『くちびるに歌を』の役どころとダブっていたのはちょっとイマイチ。

まあ、ともかく26歳になり、テレビドラマでもてはやされる時期も過ぎた多部未華子が映画に戻ってきて嬉しい限り。彼女は舞台も魅力的ですが、やはり映画だね。演出的には独白の多様が私好みではなかったけど、いい映画でした。

2015年9月22日(火,祝)

新宿武蔵野館 『ロマンス

大島優子主演ということで話題ですが、タナダユキ監督による久し振りのオリジナル脚本ということで期待大の作品。相手役も大倉孝二ってところがにくい配役。そういえば今回もある意味でロードムービーですね。横浜聡子監督作品の常連、野嵜好美も出てたりして。

でも、基本的に主役の2人のシーンがほとんど。もうちょっと面白い展開かと思いきや、なんとなくこじんまりとまとまってしまった作品。まあ、そのこじんまりさもまた映画の魅力ではありますが。個人的には「いい日旅立ち」をいろんな人物が歌うシーンが多く、こういうのは苦手。

|

« 現代地政学 | トップページ | エスニシティの社会学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「彼は秘密の女ともだち」は岡山では10月の公開。
たぶん観ると思います。
「ロマンス」も10月。楽しみにしている1本です。
「ピース オブ ケイク」は、こんなに良いとは思っていませんでした。とにかく多部ちゃんが魅力的! クライマックスの急激な盛り上がりには、溢れ来る感情で喉の奥が詰まりそうでした。そして、志乃がナレーションで「最悪!」と叫ぶ幸福なラストでは見事に泣かされてしまいました。DVDを買ってしまうかもしれません(笑)。

投稿: 岡山のTOM | 2015年9月30日 (水) 02時47分

TOMさん

2作品はまだこれから公開なんですね。
楽しみにしていてください。

『ピース・オブ・ケイク』は確かに終盤の展開が良かったですね。
最近の恋愛映画で,長い時期の関係を描くものはハッピーエンドでない場合が多い気がします。

投稿: ナルセ | 2015年10月 3日 (土) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/62378220

この記事へのトラックバック一覧です: 新学期始まりました:

« 現代地政学 | トップページ | エスニシティの社会学 »