« 帝国主義 | トップページ | 農地管理と村落社会 »

1ヶ月以上前に観た映画報告ですみません

最近バタバタしていて,1か月以上前の映画報告になりました。

2015年10月4日(日)

府中TOHOシネマズ 『バクマン。

なぜかどこかで部分的に読んでいた漫画が原作。といっても,基本的な設定以外よく覚えていません。でも,私の記憶のなかではかつて藤子不二雄の『まんが道』で描かれたような古風な作成風景ではなく,キレイな職場で現代的な印象があったのだが,映画では違っていた。私の記憶違いか。

今更で,映画の内容についてはいいですよね。ともかく,神木隆之介君の存在感がハンパないです。作品自体もうまくまとまっていて,続編を期待させるできでした。

2015年10月17日(土)

府中TOHOシネマズ 『図書館戦争 THE LAST MISSION

今から考えると,10月に映画が観られた日は貴重だったので,もっと作品を選べばよかったと思うけど,場所も府中以外で選べない状況だったし仕方がないか。本作は前作も観ていたので,まあ良しとしましょう。

前作では戦争シーンがどうしてもお遊びにしか見えなかったけど,本作は不自然な協定も破られ,そこそこは観られるようになっていました。まあ,ともかく榮倉奈々ちゃん目当てだったので,そこそこ満足できました。ただ,ちょっと気になったのは以前から肌のキレイさが際立っていた奈々ちゃんですが,首の辺りの感じが少し気になりました。さすがに27歳ってことでしょうか。

2015年11月22日(日)

有楽町ヒューマントラストシネマ 『アクトレス

前売り券を夫婦2枚買っていたのに,なかなか行く機会がなく,最後のチャンスの休日に交替で行きました。

ジュリエット・ビノシュが有名女優を演じ,クリスティン・スチュワートがマネージャー役を演じる。主人公は20年前の出演映画の舞台でのリメイクに出演することになる。かつて自分が共演した20歳年上の女性役として。そして,かつての自分の役どころに配役されたの女優を演じるのがクロエ・モレッツ。私はクロエの出演作を観たことはないが,なかなか面白そうな女優3人の組み合わせ。監督はオリビエ・アサイヤスというので,展開も予測不可能。

思った通り微妙な展開。予告編から想像できるストーリーを逸脱するわけではありませんが,素直な物語展開ではない。とにかくジュリエットとクリスティンの2人の場面が多いが,2人の会話は噛み合わず,観る者はイライラします。でも,実は最近こういう傾向の映画は少なくない。つまり,以前は誰かの一言に一喜一憂し,人間が成長していくというストーリーが主流だったが,実際の人間はそう簡単に変わらない。そんなことのリアリティを映画が追求するようになった,という気がする。

ともかく,過去の栄光と自分の信念にしがみつこうとする中年女優の姿をジュリエットは見事に演じている。それこそ,地なのか,演技なのかは分からない。

|

« 帝国主義 | トップページ | 農地管理と村落社会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「バクマン。」は確か1年ぐらい前に単行本をまとめてレンタルして、面白く読みました。
映画はかなり期待して足を運び、普通に面白く観たものの、感想日記を書くほどには惹き込まれませんでした。あ、でも、小松菜奈ちゃんは可愛かったなぁ(笑)。
 ***********
「図書館戦争 THE LAST MISSION」、私は大満足。1作目と同じく特典映像観たさにDVDを買ってしまうことでしょう(笑)。
 ***********
「アクトレス」はこちらでは1月の公開。
ジュリエット・ピノシュもそうですが、クリスティン・スチュワートが見事という評判なので、きっと観に行くと思います。

投稿: 岡山のTOM | 2015年11月27日 (金) 03時35分

TOMさん

やはり今回は3作品とも鑑賞済み(予定)ですね。
『図書館戦争』の特典映像か、いいですね。
そちらの方が面白そう。

投稿: ナルセ | 2015年12月 1日 (火) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/62751771

この記事へのトラックバック一覧です: 1ヶ月以上前に観た映画報告ですみません:

« 帝国主義 | トップページ | 農地管理と村落社会 »