« 意味の限界 | トップページ | 住宅問題 »

新しい論文リリース(『コミュニケーション科学』2016年)

2015年は論文が出なかった年ですが(ちなみに,1995年も2005年も出ていないので,5のつく年は出ないみたいですね),2016年に入ってとりあえず1本出ました。

成瀬 厚 2016. 表象を忘れない――新聞記事の地理学的研究を通じて考える.コミュニケーション科学 43: 85-106.

2012年に続いて東京経済大学の紀要に掲載させていただきました。この内容は日本地理学会2015年春期学術大会で報告し,『地理科学』に投稿していたものです。何度かやり取りした結果,掲載不可になってしまい,こういう形での発表になりました。

なお,今年は以前に執筆した原稿が論文集として出版されることになりそうです。

再来週3月21日には日本地理学会2016年春期学術大会が早稲田大学で開催され,私も発表する予定です。その際に抜き刷りを用意しますので,読んでみたいという方は声をかけてください。

もちろん,このblogの読者で読んでみたいという方がいれば郵送させていただきますので,メールでお知らせください。

といっても,本誌はウェブ公開もしていますので,しばらくすればPDFでも入手可能です。

|

« 意味の限界 | トップページ | 住宅問題 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/63319169

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい論文リリース(『コミュニケーション科学』2016年):

« 意味の限界 | トップページ | 住宅問題 »