« 認知心理学 | トップページ | 2時間越え日本映画3本 »

思考と行動における言語

ハヤカワ, S. I.著,大久保忠利訳 1974. 『思考と行動における言語 原著第三版』岩波書店,339p.,1100円.

本書は修士課程に入った頃読んで非常に刺激的だった一冊で,私がそれまでぼんやりと考えていたことを明確に理解させてくれると同時に,その後の私の研究の方向性を示してくれた。

私の研究はそれから多方面に及んでいるような気もするが,本書を読み返すと発想の源泉は20年前と変わっていないようにも感じる。

第一部 言語の機能

 意味論的寓話――赤目と女の問題

 1 言語と生存

 2 記号

 3 報告,推論,断定

 4 文脈

 5 言語の二重の仕事

 6 社会的結びつきの言語

 7 社会的制御の言語

 8 感化的コミュニケーションの言語

 9 芸術と緊張

第二部 言語と思考

 第二の意味論的寓話――A町とB市の物語

 10 われわれはどうやって知るか

 11 居なかった小人

 12 分類

 13 二値的考え方

 14 多値的考え方

 15 詩と広告

 16 ジューク・ボックスの中の10セント銀貨

 17 ネズミと人間

 18 内の秩序と外の秩序

今私が考えているのは,地理空間の認知の問題である。単に空間認知というと,実験に依拠する心理学では,目の前の机上空間だけでことが済んでしまうことがあるが,地理学者の場合はそうではない。実際に自分が身体を移動して覚える「土地勘」のようなものから,世界地図で国の名前や位置を覚えるようなことまでを含む。まさに,身体経験に基づくものから世界地図までを対象にする地理学はそのミクロからマクロまでのスケールの大小が問題となり,地理学者なるものは大小を連続的に認識できなければならないわけだが,一般の人々,そして成長する子どもたちがそうした能力をいかに獲得していくのか,あるいは成人しても獲得しないのか,というところがもっぱら気になるところ。

経験に基づくボトムアップ的な知識と地図というメディアによるトップダウン的な知識,それは本書の表題の行動と思考に対応するし,その際に言語の果たす役割は大きいと思う。ということで,今の私の思考にもってこいの本。また,本書は「言葉は物ではない」という主張を繰り返すが,その際に用いられる比喩表現が「地図と現地」である。つまり,物が現地だとすれば,言葉は地図であり,地図は現地の情報から得られたものだが,現地そのものではない。というところも,言葉の問題を地理の問題に準えて考えやすい。

読み直してみると,やはりくどいというか,あまりにも単純化しているという感覚が否めない箇所も少なくないが,それはある意味では非常に大胆で,そして初学者に分かりやすいという側面もある。また,今読み直したからこそよく理解できることも多かった。最近ようやく私もエスニシティについて考えることが多くなったが,本書で登場するユダヤ人のたとえ話や,また日系人である著者自身の話も非常に興味深い。また,著者がヨーロッパ大陸ではなく北米の研究者であることもあり,本書が広い意味でのプラグマティズム的であることも,やはり同時代のマクルーハンやケネス・バーク,ブーアスティンなどの著作家と共通する特徴かもしれない。

|

« 認知心理学 | トップページ | 2時間越え日本映画3本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/63446348

この記事へのトラックバック一覧です: 思考と行動における言語:

« 認知心理学 | トップページ | 2時間越え日本映画3本 »