« 理論地理学 | トップページ | あいまいな日本の私 »

梅雨らしい毎日

ここのところ毎日洗濯物を部屋干しで,家中カビそうなわが家です。さて,また1ヶ月ほど経ってしまいましたが,最近観た映画など。

2016年5月28日(土)

府中TOHOシネマズ 『海よりもまだ深く

是枝監督最新作。この日の気分は後日観ることになる『ヒメアノ〜ル』のような刺激を求めていましたが,時間の関係上こちらの作品を先に観ることになりました。先に鑑賞した妻からもお墨付きをいただいていた。観終わった後で,まさに作品中で台風が去った朝のように清々しい気分になれる作品。

刺激を求めていた私もすっかり改心して,素直な気分になれました。さすがですね,是枝監督。私自身が二児の父になり,離婚はしていませんが夫婦の関係,親子の関係,自分の母やきょうだいの関係を身をもって考えさせられるもので,まさに今観てよかったと思える映画でした。

2016年6月1日(水)

府中TOHOシネマズ 『ヒメアノ〜ル

水曜日が映画サービスデーにあたったということで,大学の帰りに映画を観て帰りました。選んだ作品は予告編でぞくぞくとさせる刺激ありまくりの作品。吉田恵輔監督作品はだいぶ観ていますが,本作はオリジナル脚本ではなく,漫画の原作があるとのこと。予告編では,前半が濱田 岳君と佐津川愛美ちゃん演じる男女の吉田監督らしいラブロマンスだが,後半は森田 剛が登場し,ホラーサスペンスへと転じる。本編でも同様の展開で,しかも私が予想していたのとは違い,結局2度とラブコメディには戻らないまま終わってしまいました。非常に後味の悪い作品。今更ではありますが,観る人は覚悟が必要ですね。

しかし,期待以上のセックスシーンは心に残ります。返な言い方ですが,愛美ちゃんもこういう映画の出演を待ち望んでいたのではないでしょうか。

2016年6月11日(日)

新宿シネマカリテ 『団地

坂本順治監督作品。私自身は団地育ちなので,この辺りの映画は見逃せない。坂本順治作品はあまりみないけど,こういうほのぼの系作品は期待できます。残念ながら『顔』は観ていませんが,坂本監督×藤山直美で数々の映画賞に輝いたこの2人ということで,本作にも期待がかかります。

本作もクセのある年配俳優が多く出演していますが,斎藤 工がなかなかいい味出しています。あまり好きではないこの俳優ですが,本作ではなかなか彼以外にこの役どころは難しいかもしれません。ストーリーも独特でいいですね。今の時代にこういうストーリーはなかなか新鮮です。団地の生活風景も私には馴染みがあって懐かしさを感じますが,本作が込めた団地のイメージに関してはちょっと新鮮味がないという感じはします。

新宿ピカデリー 『教授のおかしな妄想殺人

この日は2本立てと決めていましたが,もう1本で悩んだ挙げ句,ウディ・アレン監督作品にしました。エマ・ストーンはちょっと苦手で迷いましたが,まあ一度きちんと主演作を観てみようと思いました。本作でちょっと意外だったのは,タイトルからしてコメディかと思いきや,中途半端にシリアスな雰囲気。原題は「Irrational man」というタイトル。ホアキン・フェニックス演じる主人公は大学の哲学教授。近代哲学における主要な概念に「理性」というのがあるが,原題を直訳すれば「非理性的人間」。まあ,大学人たるのにあるべきではない行為をしてしまう人間が主人公ってことですね。

やはり数々の映画のヒロインとなるエマ・ストーンの魅力にはやられる映画です。女好きのウディ・アレンがヒロインに抜擢するのもよく分かります。手足が長く,日本でいえば桐谷美玲という感じでしょうか。まあ,さすがアレン監督。それなりに楽しめる作品です。

2016年6月17日(金)

ちょっとここのところ,会社で残業が続いたので,午後半休をいただいて,映画を観て帰ることにした。こういう「サボり」感覚の日があってもいいですよね。『64後編』を観るつもりで新宿三丁目で降り,バルト9に向かったが,なんと私のもっていたムビチケはTOHOシネマズでしか使えないとのこと。こういう時に携帯電話があると映画情報を調べられますが,まあ仕方がありません。とりあえず,府中に移動して,作品を探す。いくつか候補がありましたが,今期NHK朝ドラ主演で,今後知名度アップ確実の高畑充希主演作品にしてみました。

なんだか最近,若手俳優を使った恋愛映画が非常に多くてあまり観る気もしませんでしたが,1つくらい観てもいいかもしれません。原作が有川 浩だし。

府中TOHOシネマズ 『植物図鑑 運命の恋,ひろいました

高畑充希ちゃんの出演作は『バンクーバーの朝日』くらいしか観ていないが,私好みの女優さんであることは間違いなし。演技とか歌とかも世間で評判がいいようですしね。

まあ,恋愛映画としてはあまりリアルな感じではなく,明らかにフィクションではありますが,有川作品(原作は『県庁おもてなし課』しか読んだことがありませんが)らしく,特定の分野に特化しているところが面白い。原作通り,主人公の男性が野草に詳しく,野原でそれらを摘んだり,それを料理したりするシーンが充実していて面白い。相手役の岩田剛典は私の嫌いなEXILEのメンバーということだが,まあ,この映画に出演している俳優という点では特に問題なし。そつなくこなしていると思います。ということで,充希ちゃんの魅力も存分に楽しめる作品でした。

|

« 理論地理学 | トップページ | あいまいな日本の私 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『団地』と『教授のおかしな妄想殺人』は、岡山では7月の公開。『団地』は必見ですが、『教授の~』はたぶんパスすることになりそうです。
 **********
『海よりもまだ深く』 『ヒメアノ〜ル』 『植物図鑑 運命の恋,ひろいました』は、いずれも【1ヶ月フリーパスポート】で鑑賞。他『64-ロクヨン-』の前後編等も含め30本以上の新作を観ることが出来ました。自宅から車で10分ほどの近距離にあるシネコンがTOHOシネマズで良かった~。
『海よりも~』は、是枝監督の前作『海街diary』ほどには惹き込まれませんでしたが、真木よう子がかなり良かったです。
『ヒメアノ~ル』はなかなかの作品でした。佐津川愛美ちゃんの濡れ場も期待以上だったし。
『植物図鑑』は、大好きな有川浩さん原作の映画化。小説は何年も前にとても面白く読み終えています。合格点の出来栄えと言って良いのではないでしょうか。
 **********
また、せっせとマイルを貯めていかなければ。

投稿: 岡山のTOM | 2016年6月28日 (火) 16時30分

フリーパスポートで30本ですか...
すごい!
そもそも、1ヶ月にそんなに新作が上映されているんですね。

ちなみに、『植物図鑑』は6回鑑賞で無料でした。

投稿: ナルセ | 2016年7月 5日 (火) 12時56分

>そもそも、1ヶ月にそんなに新作が上映されているんですね。

 5月12日(木)から6月11日(土)までフリーパスを利用したのですが、4月下旬からは新たに公開される作品の鑑賞を我慢していましたし、3月に公開された作品がまだ上映されていたりしましたから、そういうものも含めての30本超なんです。

投稿: 岡山のTOM | 2016年7月 7日 (木) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/63838532

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨らしい毎日:

« 理論地理学 | トップページ | あいまいな日本の私 »