« 都道府県名と国名の起源 | トップページ | ものと場所 »

母親も80歳か

2016年8月24日(水)

大学が夏期休業中につき,平日の1日休日。例年は週5日通勤したりしますが,今回はしっかり休んでいる。そうでもないと映画が観られなかったり,そうやって平日1日くらい家事を担当しないと家が回らなかったり。まあ,ともかく水曜日は映画が1100円で観られる劇場が多かったりでありがたい。角川シネマや恵比寿のガーデンシネマはユナイテッドシネマ系列で,最近テアトルと提携したのか,ともかく水曜日はサービスデイ。いくつか観たい作品のなかからこちらを選びました。

新宿角川シネマ 『奇跡の教室

フランス映画の感動もの。高校1年生の落ちこぼれクラスを担当した歴史の女性教員が,特定テーマの歴史研究コンクールに応募することに。テーマはナチス政権下のユダヤ人の若者と子ども。もちろんクラスには黒人や有色人種も多い。この映画は事実に基づくものだが,人種と宗教の関係が分かりにくいところが現代的。黒人のムスリムやユダヤ教徒がいたり,ユダヤ教徒に改宗したという生徒がいたり。

このての感動ものはある程度展開が読めてしまうので,へたな演出だと逆に冷めてしまったりするが,この主演の女優さんがなかなかいいです。そしてコンクールのための作業を手助けする図書館司書(?)の女性の存在も大きい。この映画のみどころは,コンクールで優秀クラスが3クラス選ばれ,最優秀が決定する瞬間。3位から読み上げるため,必然的に最優秀は読み上げられる前に判明するのだが,その時の女性教員の表情がなんともリアル。わざとらしい喜びはなく,待ってましたといわんばかりの喜びよう。しかし,一つだけ理解できないのはこのクラスで一番目立っていた美形の女子がいて,彼女はコンクールの作業に参加していない。最後の方で参加することになるのだが,優秀賞に選ばれたときのスピーチを彼女が行っているのだ。しかも,かなり露出の多い白のワンピースで。確かに映画としては見栄えがいいかもしれないが,あの人選は事実に基づくのだろうか?

2016年9月1日(木)

この週は休みを木曜日に変更し,映画サービスデイにあてた。髪の毛もすっかり伸びてきて切りたかったので,この日は近所ですます。府中で朝一映画を観て,調布で散髪。

府中TOHOシネマズ 『後妻業の女

実写映画では今,一番楽しみにしていた映画。後妻業というのは近年メディアでも話題になった数人の女性の犯罪者がいますが,本作はフィクション。原作がどういうものかは分かりませんが,映画は予告編を観る限りコメディタッチで描かれる。

その「女」を演じるのは大竹しのぶ。まさに他の配役は思いつかない。彼女を後ろで糸引くのが豊川悦司。騙される男たちには森本レオ,伊武雅刀,津川雅彦という面々。津川雅彦の娘役で尾野真千子と長谷川京子。他にも豪華なキャストで何一つ無駄がないというか,ちょっと金庫を開けるだけで登場する泉谷しげるとか,探偵役の永瀬正敏の太ももの銃弾を取り除く獣医役の柄本 明とか,皆が楽しみながら出演しているという感じ。ちょっとうるさすぎたのは大竹しのぶの息子役で登場する風間俊介。

本作はなんとなく久し振りに気持ちのいいエッチシーンもある。最近は「あの演技派女優が脱いだ」とかちょっとだけで大騒ぎする感じで,日本映画ではなかなかいいエッチシーンに出会えないが,本作は大竹しのぶも水川あさみもパンツくらいもったいぶらずに見せているし,樋井明日香ってのは知らなかったけど,綺麗な裸体を何度か披露しています。まあともかく鶴橋康夫という監督は1940年生まれのテレビディレクター出身ということですが,なかなかいい映画撮りますね。豊川悦司主演の『愛の流刑地』(2007年)なども撮っているようですが,今後もちょっと期待したい。

|

« 都道府県名と国名の起源 | トップページ | ものと場所 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「奇跡の教室」は、こちらのミニシアターでも上映予定になっているのですが、まだ具体的な初日が決まっていなくて。
早く発表されますように。
「後妻業の女」は、思っていたより面白く観られました。
樋井明日香、すごく良かったですね。今まで存在を知らなかったため、映画を観てからすぐ検索して、ブログ等をお気に入りに登録しちゃいました(笑)。

投稿: 岡山のTOM | 2016年9月 7日 (水) 04時00分

TOMさん

『奇跡の教室』東京ではけっこうロングランしているところもありますので,岡山にも行くと思いますよ。
期待してお待ちください。

『後妻業の女』はいくつか書き忘れたことがあります。
鶴瓶の役どころは基本的にイマイチだったかなと思うのですが,さんまとも仲の良い鶴瓶が元妻とのベッドシーンが多いというのはやりにくかったんでしょうかね。
この映画は事実をパロディ化しているという側面もあると思いますが,あくまでもコメディとフィクションに徹した演出になっているところと,エンディングがとてもいいですね。

投稿: ナルセ | 2016年9月16日 (金) 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/64164884

この記事へのトラックバック一覧です: 母親も80歳か:

« 都道府県名と国名の起源 | トップページ | ものと場所 »