« 大衆文化、地政学、同一性 | トップページ | 都道府県名と国名の起源 »

昨年観た映画報告終了

2016年12月29日

新宿テアトル 『この世界の片隅に

前日も新宿に映画を観にきていたので、テアトル新宿にもちょこっと寄って観ましたが、なんと立ち見が出るほどの混雑ぶり。舞台挨拶などあったのかと確認したがないようなので、劇場スタッフに聞いてみたら、平日でもかなり席が埋まっているとのこと。その場で座席指定をしておこうと考えたが、新宿のチケット屋を回っても前売り券を購入することができず、やむなく帰宅してからネットで予約。1800円の通常料金でした。

まあ、本作は『君の名は。』についでロングランで話題になっていますから、細かい解説は必要ありませんが、やはり観て良かったと思える作品でした。あまり前情報を入れませんでしたが、広島から呉へ嫁に行った女性の物語です。呉は軍港ですから、空襲という意味では広島よりも集中的であったということ、爆心地から少し離れた呉という土地から原爆を体験すること。そういう、細かいところまで私自身が知ろうとはしていなかったことを反省させられる内容です。

新宿武蔵野館 『アズミ・ハルコは行方不明

蒼井 優主演作ということで魅力的でしたが、加えて高畑充希も出演しているということで、観に行った。観終わった後は、うーんというイマイチな印象でしたが、内外を含め保守的な映画表現のなかで、ある意味挑戦的な映画だといえるかもしれません。若者の暴走(?)がテーマかといえばそうでもないし、何か社会問題的なものを訴えているかといえばそうでもない。登場人物が魅力的な人間でもないし、どこかに物語のピークがあるわけでもない。かといって、くだらない日常を淡々と描くわけでもない。まあ、捉えどころのない映画といったらいいでしょうか。とはいえ、原作があるんですね。読んでみたいような、みたくないような。

|

« 大衆文化、地政学、同一性 | トップページ | 都道府県名と国名の起源 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

『この世界の片隅に』は、世評ほど惹き込まれませんでしたが、いい映画には違いありませんし、ロングランして大ヒットになっているのは嬉しいことです。
上映館がドンドン増え、昨秋の公開当時にはやっていなかったご近所のTOHOシネマズで現在上映中。ヒットを実感します。
 **********
『アズミ・ハルコは行方不明』は、不覚にも途中で睡魔に負けてしまい・・・・。DVDでちゃんと観ます。

投稿: 岡山のTOM | 2017年2月17日 (金) 02時34分

TOMさん

『この世界の片隅に』はTOMさん的にはイマイチだったんですね。
まあ、惹き込まれるというタイプの作品ではないですよね。

『アズミ・ハルコは行方不明』は私も睡魔に襲われました。
むしろ、これは睡魔に耐える必要もないのでは、と考えたほどです。
ちゃんと観る必要はないかと...

投稿: ナルセ | 2017年2月18日 (土) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/64899344

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年観た映画報告終了:

« 大衆文化、地政学、同一性 | トップページ | 都道府県名と国名の起源 »