« 昨年観た映画報告終了 | トップページ | テキヤ稼業のフォークロア »

都道府県名と国名の起源

吉崎正松 1985. 『都道府県名と国名の起源』古今書院、169p.、2500円.

林 正巳『府県合併とその背景』を購入しようとAmazonで検索している時に見つけた本。地理学に属していながら、古今書院から出版されたのに知らない本はいっぱいあります。

しかも、都道府県名の研究をしようというのに本書を知らずに投稿していたら大変なことになっていた。本書のことを知らずに、私は47都道府県名の起源を調べるために『角川日本地名大辞典』の各巻で少しずつ調べていた。

作業の途中で本書を見つけ、とりあえず第一弾として投稿する予定の論文では本書の成果を利用させていただくことにした。本書はまさに書名通り、都道府県名と旧国名の起源についての諸説を整理したものであり、目次を示すのはあまり意味がないが、以下の通りである。

一、わが国の地名の研究

二、わが国の地方行政区画名の起源

三、各説

 1 都道府県名の起源

 2 国名の起源

参考文献

あとがき

本書で著者は、「地名を表わすのに,地名の語義に相応する漢字の字訓を用いたものもあるが,そうではなく,単に漢字の字音を当てたものがはなはだ多い」(p.2)という認識に立つ。私たちは名前に込められた意味を、用いられた漢字に求めがちである。しかし、著者によればもっとも継続するのはその読みであり、漢字の読み方も頻繁に変わり、当て字も非常に多いという。

本書は書名に「起源」とつけているが、特定の地名に対して単一の起源を探求するというものではない。特に地名の起源は結局よく分からないというものが多く、本書では、新旧様々な説を列記し、新説から旧説への批判や同調などについても、冷静に記述する。ある意味、価値中立的な立場で自らどの説が有力だと判断することを目的としていない。

そもそも歴史考証的な地名研究は、各時代でなされ、それが歴史的に積み重ねられる。現代に近づくほどその考証は正確なものとはなると思うが、現代において、特定の地名に関する史料が、ある時代になされた歴史的研究しか存在しないとなると、それを信用すべきか否か、地名研究とは思ったよりもなかなか難しいものであるということがわかった。

|

« 昨年観た映画報告終了 | トップページ | テキヤ稼業のフォークロア »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/64909087

この記事へのトラックバック一覧です: 都道府県名と国名の起源:

« 昨年観た映画報告終了 | トップページ | テキヤ稼業のフォークロア »