« イタリア紀行Ⅰ(サド) | トップページ | 地名の論理 »

47歳になりました

2017年7月1日(土)

立川シネマシティ 『セールスマン
アカデミー賞外国語作品部門を受賞したイラン映画。「セールスマン」というのは主人公が演じる劇中劇の題目。劇中劇のある作品というのは,映画に関するメタ映画的省察が含まれるという意味でも秀作が多いが,本作も非常に洗練された印象を与える。しかし,同時に性犯罪を扱ったサスペンスドラマとしては,その性に関する価値観の異なる国が舞台ということもあり,ラストは若干すっきりとは理解できない。アスガー・ファルハディ監督の作品はいくつか観ていますが,シンプルに映画の魅力を伝える作品を作り続けていますね。今後とも日本での公開が続くと嬉しいです。

 

7月4日(火)

新宿テアトル 『海辺のリア
『春との旅』に続く,小林政広監督と仲代達也の組み合わせ。今回,仲代さんの相手役をするのは,黒木 華。この2人の海辺でのやりとりは面白い。他にも,阿部 寛,原田美枝子,小林 薫と名だたる俳優を使っていますが,イマイチ。リアとはシェイクスピア作品の『リア王』からきています。海辺での仲代さんの一人芝居が上映時間のかなりを占めています。かつて俳優だった少し痴ほう症の進んだ老人。この一人芝居が本作の見どころであるがゆえに,阿部 寛による一人芝居がどうしても比較されてしまう。しかも,ここでいう芝居とは映画的なそれではなく,明らかに演劇的なそれ。どちらも経験豊富な仲代氏に,テレビや映画主体の阿部氏がかなうはずはありません。全体的に,そういう意味で芝居かかった演劇的な作りになっている映画で,個人的には退屈してしまいました。

 

7月23日(日)

新宿武蔵野館 『彼女の人生は間違いじゃない
妻が薦めるので観に行った廣木隆一監督作品。福島を舞台にし,母を亡くし,父は仕事を失い,役所で働きながら週末は東京でデリヘル嬢をするという女性が主人公。確かに,福島の現在の映像もふんだんに用いられ,主人公が暮らす仮設住宅もおそらく実在するものでのロケだと思う。ノンフィクションではなく,あくまでもフィクションとして現在の福島を描くという試みは評価しなくてはならないが,それがゆえの難しさも露呈している作品のようにも思う。確かに,久しぶりに廣木作品を観て,しかも高良健吾君も出ていて,最後にはキタキマユさんを見ることができるという廣木さんらしい作品ではありますが,個人的にはあまり好きになれない作品でした。こういう形で光石 研を使うのもあまり効果的ではないかと。柄本時生君のシーンは個人的に好きです。
 

|

« イタリア紀行Ⅰ(サド) | トップページ | 地名の論理 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お誕生日おめでとうございます。
「セールスマン」は、なかなかの作品でしたね。居心地はあまり良くありませんでしたが、この監督の作品は見逃せません。
「海辺のリア」はTOHOシネマズで上映されたので、フリーパスで嬉しく鑑賞。が、どうも入っていけず、眠りに落ちてしまいました。
「彼女の人生は間違いじゃない」は、こちらでは8月26日の公開。ちょうど湯布院映画祭に行っている時期なので、帰ってから足を運びます。期待している1本です。
 ************
「君の膵臓をたべたい」を初日に観ました。とても良かったです。

投稿: 岡山のTOM | 2017年7月29日 (土) 04時11分

TOMさん

ありがとうございます。
『海辺のリア』は確かに寝てしまいますね。
まあ,フリーパスならいいでしょう。

投稿: ナルセ | 2017年8月 3日 (木) 04時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/65588980

この記事へのトラックバック一覧です: 47歳になりました:

« イタリア紀行Ⅰ(サド) | トップページ | 地名の論理 »