« 2018年になって観た映画 | トップページ | 新クリエイティブ資本論 »

日本映画3本

2018210(土)

新宿武蔵野館 『巫女っちゃけん。
前売り券を購入して楽しみにしていた広瀬アリス主演作。福岡県に実在する神社を舞台に繰り広げられるコメディ。リリー・フランキーが演じる宮司の娘として,就職活動の傍ら家業を手伝っているという設定。相手役の子役山口太幹がとてもいい味を出していて,その母親役としてMEGUMIが,主人公の母親役として飯島直子が出演していたりして,面白い。主人公の同僚としての巫女4人組も魅力的。
こういうこじんまりとした映画好きですね。広瀬アリスの魅力も堪能できます。監督のグ・スーヨンという人はCM界で有名な人物らしいですが,監督業は着目していきたいと思います。

2018216(金)

府中TOHOシネマズ 『嘘を愛する女
こちらは長澤まさみ主演作。高橋一生が共演ということで妻が先に観ていました。この日は娘の保育園の保護者会が午後からあるということで,会社を休んで午前中に鑑賞。ストーリー的にはかなりシリアスなのですが,調査を依頼する探偵事務所を中心に,コメディ要素を含んでいてなかなか素敵な映画。長髪でオタクさを醸し出しているDAIGOや,高橋一生演じる男性が通う喫茶店に勤める女性を演じる川栄李奈なども重要な存在です。もちろん,主演の長澤まさみの魅力もたっぷり楽しめる作品ですね。個人的に高橋一生の魅力はあまり感じられない作品でしたが。

2018225(日)

立川シネマシティ 『犬猿
吉田恵輔監督作品。こちらも妻が先に観て,「絶対に観た方がいい」という。もちろん,吉田監督の作品だから観ておきたかったが,油断していると映画はすぐに終了してしまうので,妻にそう言ってもらって観ることができてよかった。なぜ,妻がそういったかというと,私には2つ上の兄がいて,申年生まれ。私が戌年生まれということで,犬猿の仲なのだ。とはいえ,現在ではそんなに仲が悪いわけではない。ただ,今同じ市内に住んでいるにもかかわらず,会うのは年に1度程度という,まあお互い無関心というところだろうか。
さて,本作は窪田正孝と新井浩文が兄弟を,お笑いの江上敬子と筧美和子が姉妹役を演じる。どちらも実際には10歳程度の差があるようだ。そして,兄弟の方は映画を中心に活躍する専業俳優,それに対し姉妹の方は俳優を専門とするわけではない。こういう組み合わせも吉田監督らしいといえようか。ともかく,今回もオリジナル脚本ということで,吉田ワールド炸裂です。

|

« 2018年になって観た映画 | トップページ | 新クリエイティブ資本論 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

『巫女っちゃけん。』 観ようかどうしようか迷っていたら、それ以前に当地での公開がなくて(苦笑)。広瀬アリスは、朝ドラ「わろてんか」でも活躍中なので、どこかでキャッチできたらと願っています。
『嘘を愛する女』 とても惹き込まれて観ました。長澤まさみも川栄ちゃんも良かった!
『犬猿』 本作も残念ながらこちらでの公開予定はないのですが、電車で1時間ほどの福山市(広島県)において今月下旬から公開されるので、キャッチしに足を運ぶ予定です。

投稿: 岡山のTOM | 2018年3月 1日 (木) 03時01分

TOMさん

『犬猿』是非観てください!
しかし,特定の作品のために1時間電車に揺られて旅をするってとても優雅で贅沢ですよね。羨ましいです。

投稿: ナルセ | 2018年3月 6日 (火) 04時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/66442561

この記事へのトラックバック一覧です: 日本映画3本:

« 2018年になって観た映画 | トップページ | 新クリエイティブ資本論 »