« 都市は人類最高の発明である | トップページ | ニュー・インペリアリズム »

3月の映画はあまり収穫なし

201831(木)

立川シネマシティ 『デトロイト
映画の日にお休みをして観に行った。暴動に関する史実というのは文字で読んでもあまりピンとこないので,映画で観てみようと思った次第。全般的に当時の記録映像も交えた展開で,前半はドキュメンタリー感があり,いい感じだった。しかし,徐々にストーリー性が濃くなっていきます。あるモーテルで起こった事件を中心に後半は展開します。それも確かに白人警官による理不尽な黒人いじめにはすぎなく,裁判沙汰にもなり,そこも丁寧にたどってはいるのですが,このデトロイトという都市で起きたという必然性があまり感じられない事件のように思いました。映画では,なぜデトロイトに黒人が集まったのかという歴史的経緯と合衆国におけるこの都市の位置,南部との関係などにも言及があったと思いますが,少し物足りなく感じた作品でした。

2018311(日)

府中TOHOシネマズ 『映画ドラえもん のび太の宝島
今年のドラえもん映画は主題歌を星野 源が担当していること,娘の方も関心を示したということで,家族4人で観に行きました。巨大なポップコーンを持って,席に着いてからは子どもたち2人がそれに夢中。映画自体のストーリー展開は前回同様非常に忙しく,一気にスケールの大きな話まで展開します。この辺り,かなり無理があるように感じます。どの年齢くらいになるとこの物語についてこれるのでしょうか。終盤は星野源の挿入歌とともに,お涙頂戴シーンが登場し,夫婦で涙していました。まあ,観終わった後にすっきりするようにうまくはできていますが,その後に何が残るかというと,やはり映画版第1作の『のび太の恐竜』は偉大だったと思ってしまいます。

|

« 都市は人類最高の発明である | トップページ | ニュー・インペリアリズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「デトロイト」はなかなかの力作でしたが、気持ちの良い内容ではないので、観続けるのが少々きつかったです。
「ドラえもん」は、ずっと昔に1~2度観たでしょうか。2015年から毎年5月中旬より【1ヶ月フリーパスポート】を使っているのですが、「ドラえもん」はちょうどその頃上映終了になるため残念ながらキャッチできなくて・・・。今年も同時期にパスポートを入手する予定。今回の「ドラえもん」は今まで以上にヒットしているようなので、パスポートで観られるまで続映してくれますように!
 *****************
ところで、「ピンカートンに会いにいく」という映画をご存じでしょうか。東京では1月に公開され、私は3月に大阪で鑑賞。大満足でした。
この作品が明日7日より吉祥寺のココマルシアターという所で追加上映されるので、良ければご覧ください。

投稿: 岡山のTOM | 2018年4月 6日 (金) 14時48分

TOMさん

そうですね。『デトロイト』は確かに見続けているのが辛い作品でした。

『ピンカートンい会いにいく』は知っています。確かに,面白そうです。俳優の使い方をベースとする発想が面白いです。
吉祥寺のココマルシアター,気になっています。時間があれば行ってみます。

投稿: ナルセ | 2018年4月 7日 (土) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218863/66579700

この記事へのトラックバック一覧です: 3月の映画はあまり収穫なし:

« 都市は人類最高の発明である | トップページ | ニュー・インペリアリズム »