« オリンピック,メガイベント関連文献(英語編3) | トップページ | 現代スポーツ評論35 »

多角的視点で学ぶオリンピック・パラリンピック

相原正道 2017. 『多角的視点で学ぶオリンピック・パラリンピック』晃洋書房,199p.2500円.

 

私の非常勤先である東京経済大学は、オリンピック関係の図書をけっこう集めていて、少しずつ活用している。買うまではないけど、読んでおきたいなと思った一冊。
著者は筑波大学の大学院まで出ているらしいが、ヤクルトスワローズに関わったりしながら、東京オリンピック・パラリンピック招致委員会でも活動した経歴を持ち、現在は大阪経済大学の準教授とのこと。目次は明らかに1セメスター15回授業の教科書で使うような味気ないものだが、はしがきでは「タブー視されている感さえある内容も本書では大いに盛り込まれています。」(p.ii)という意気込みがみられ、第1章では、保護主義の傾向を示しつつある世界情勢(反グローバル)において、オリンピック・パラリンピックがグローバル化を促進するみたいな、主張そのものは納得しないが、これまでのオリンピック論ではなかったような意見なので、少し期待しながら読み進めた。

はしがき
巻頭対談 スポーツと観光による都市魅力戦略推進(溝畑 宏×相原正道)
1章 オリンピック・パラリンピックと反グローバル
2章 オリンピック・パラリンピックとガバナンス
3章 オリンピック・パラリンピックとインテグリティ
4章 オリンピック・パラリンピックと政治
5章 オリンピック・パラリンピックとセキュリティ
6章 オリンピック・パラリンピックと経営
7章 オリンピック・パラリンピックと地方経済
8章 オリンピック・パラリンピックと大阪
9章 オリンピック・パラリンピックと文化・教育
10章 オリンピックと映画
11章 パラリンピックと法整備
12章 オリンピック・パラリンピックと環境
13章 オリンピック・パラリンピックと招致
14章 オリンピック・パラリンピックと日本

いきなり巻頭の対談が意味不明。2020年東京大会を念頭においた本のはずなのに、大阪観光局理事長なる人物との対談が掲載されている。現在大阪の大学に勤務する著者は、この人物が委員長を務める「大阪都市魅力戦略推進会議」に参加しているとのこと。この会議では「文化・観光・スポーツ・国際化」の4つをテーマとして掲げているということで、スポーツによる都市プロモーションといったテーマの対談となっている。この対談の意味は第7章以降で理解できるようになる。
ずばり、ここが著者の得意分野である。それ以外の章は、やはりお勉強の域を超えていない。私もそれなりにオリンピック関連文献を読んでいるので、どこかで読んだことがあるような話に終始している。しかも、本書は学術書というよりは、学部生向けの教科書なので、文献に関して丁寧に示されていない。そして、時折オリンピック・パラリンピックとは関係ない話に脱線して盛り上がってしまうのだ。例えば第2章は日本のバスケットボールに関する話に終始する。第3章はスポーツギャンブルの話、第4章はネルソン・マンデラの話など。おそらく「お勉強の域」では90分の授業にはならないのだろう。自分の詳しい話を挿入して膨らましている感がある。
それが、第7章になると英国で著者が行った調査の話が登場する。オリジナルのデータを持っている話は強い。著者の言い分としては、2012年ロンドン大会から学び、2020年東京大会では、1964大会のように東京一極集中を促進するのではなく、逆に地方の活性化を促進するような仕組みを作るべきだという。この主張は非常に説得力がある。そこから、第8章の大阪の話に移行する。しかし、当然2020年東京大会の際に大阪をどうこうするという話ではなく、関西では2021年に「ワールドマスターズゲームズ」が開催されるのだという。この大会について私は知らなかったが、これは非常に興味深い。1985年以降4年に1度開催されているが、2021年の大阪大会はアジアで初開催だという。30歳以上であれば誰でも参加できるスポーツ大会で、開催都市はこの大会のために新たな施設を建設してはならないという。まさに、オリンピックのさまざまな弊害を逆手に取ったイベントだといえる。
11章については,私自身がまだまだパラリンピックについて勉強していないので,得るところは多かった。まあ,そういう意味では,オリンピック研究初心者には一通りのテーマについて触れられる本なのかもしれない。ただし,第13章については,著者自身が今回の東京大会の招致に関わったという経験をもっと活かしてくれたら良かったと思うが,逆に実際に関わってしまうと守秘義務とかが生じてしまうのだろうか。ともかく,借りて読んでよかった本。

|

« オリンピック,メガイベント関連文献(英語編3) | トップページ | 現代スポーツ評論35 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多角的視点で学ぶオリンピック・パラリンピック:

« オリンピック,メガイベント関連文献(英語編3) | トップページ | 現代スポーツ評論35 »