« オリンピック,メガイベント関連文献(英語編17) | トップページ | 2020年東京オリンピックの研究 »

夏休みの映画

2019年724日(水)

新宿武蔵野館 『長いお別れ』
前期の大学講義最終日は午後の授業だけだったので,午前中映画を観る。蒼井 優の結婚報道があった後だったが,元々彼女の作品はよく観ているし,山崎 務が認知症を演じるというのは見逃せない。後で分かったことだが,監督は『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太。この日は本来の上映予定期間を延長しての上映だったので,上映後に監督の舞台挨拶があった。そこから先に書きましょう。監督は恐れ多くも山崎氏に出演を依頼したとのことだが,山崎氏は事前に原作を読んでいて,この作品の映画化の話があれば,自分に出演のオファーがあると確信していたとのこと。
さて,作品ですが,やはりとても丁寧に撮られていますね。日本アカデミー賞の各賞を受賞したという『湯を沸かす』を観た時もそう思いましたが,秀作という言葉がよく似合う作品です。これといって,特別な芸術性とかそういう驚くべき体験をさせてくれるような映画ではありませんが,これはこれで映画の神髄というか,スタンダードな映画の良さを伝えてくれます。蒼井 優ちゃんの魅力も存分に楽しめます。
http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/

 

2019年728日(日)

府中TOHOシネマズ 『ペット2
前作『ペット』を私は観ていないが,妻と息子で観にいったこともあり,息子が観たがって,娘も連れて観に行った。特に前作はあまり観たい感じではなかったが,今作は少しスケールアップしていて,それでいて前作を観ていなくても十分楽しめる内容だった。とはいえ,この辺りの作品群はすでにおとぎ話化している感があり,普遍的な物語展開というか,悪く言えば紋切り型の物語という言い方もできる。
https://pet-movie.jp/

 

2019年810日(土)

渋谷シネクイント 『さらば愛しきアウトロー』
この日は妻が子どもたちを連れて自分の母親の家に連れて行っていたので,久しぶりに一人の自由行動。久しぶりにライヴでも行こうかとも思ったが,家族旅行を前に金欠だったので,映画1本にしておくことにした。久しぶりに渋谷の街でも散策することにしよう。シネクイントはパルコ・パート3の上階に入っていた映画館だが,何となくそうじゃないかなと歩いて行ったら,やはりパルコは全巻建て替え中。スマホを持たない私は途方に暮れて一通り歩いて駅前の交番で聞いたら,丁寧に教えてくれました。かつての「シネパレス」がシネクイントになったんですね。選んだ映画はロバート・レッドフォードが俳優として最後の作品にしたというもの。実在した老人窃盗団を描く作品。スリを繰り返す老人というのはよく報道でも出てきますが,こちらは銀行強盗。しかも,被害に遭った行員は皆声を合わせるように,その紳士的な犯行に感心している。とある刑事がこの小さな銀行強盗を負い始める。最終的には彼を追い詰めていくわけだが...ロマンスあり,刑事の家族の物語あり,主人公のとんでもない人生ありの飽きさせない展開。そして,まさしくレッドフォードの俳優人生にも置き換えられるような,演技の集大成。そういえば,この作品はNHKの朝のラジオの土曜日版の一コーナー,緒川たまき「シネマ指定席」で紹介されていました。

2019年91日(日)

府中TOHOシネマズ 『ライオン・キング』
実写の「ライオン・キング」なんて,と予告編を観た時は思いましたが,なんと今年小学3年生の息子が学校の学習発表会で,学年の演劇の内容が「ライオン・キング」となった。ディズニーのアニメ版もあるようだが,わが家で契約している動画サービスでは配信されていないようだし,せっかくこの時期に上映しているので,実写版を観に行くことにした。娘も行きたいというので,上映時間2時間の作品に初挑戦。
実写ということだが,当然実際の動物に演技をさせるわけではない。しかし,何をどうやって作っているのか全く分からないほどの技術で動物たちが違和感なく演技をしている。もちろん,子連れなので観たのは吹き替え版であり,時折ミュージカル仕立ての本作で,そこに違和感が全くないわけではない(とはいえ,吹き替えの歌声もなかなか素晴らしかった)。私はストーリーを全く知らなかったが,コメディ要素も多いんですね。その主要人物(動物?)の吹き替えが佐藤二郎だったりして,こちらも楽しめました。案の定,娘が事前にトイレに行ったのに,予告編からジュースを飲みすぎて,途中でトイレに行ったことが残念でしたが,とても楽しめる作品でした。
https://www.disney.co.jp/movie/lionking2019.html

|

« オリンピック,メガイベント関連文献(英語編17) | トップページ | 2020年東京オリンピックの研究 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「長いお別れ」、いい映画でしたね。
自主映画時代から応援している中野監督の前作「湯を沸かすほどの熱い愛」は、岡山では東京などの公開日より2ヶ月以上遅れ、岡山駅前のイオンシネマ1館だけでしか上映されませんでした。
今回は、東京などと同時公開。ご近所シネコンのTOHOシネマズを含む複数館でかかり、その意味でも嬉しい鑑賞でした。

投稿: 岡山のTOM | 2019年9月 4日 (水) 01時02分

TOMさん
返信遅れてすみません。
久しぶりの書き込み,ありがとうございます。
なるほど,そういうこと,あるんですね。
ロバート・レッドフォード作品はどうですか?

投稿: ナルセ | 2019年9月14日 (土) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピック,メガイベント関連文献(英語編17) | トップページ | 2020年東京オリンピックの研究 »