« オリンピック,メガイベント関連文献(英語編20) | トップページ | 長男は9歳になりました。 »

ふたつのオリンピック

ホワイティング, R.著,玉木正之訳(2018):『ふたつのオリンピック――東京1964/2020』角川書店,590p.2,400円.

 

基本的に,学術書以外のオリンピック本にはあまり手を付けないつもりでいたが,本書は何となく,装丁も含め読んでおきたいと思った次第。ちなみに,私は本書をノンフィクション的小説だと思っていたが違かった。著者は実は日本で有名なジャーナリストであり,『菊とバット』など野球に関する著書をはじめ,たくさんの著書が翻訳されている人物であった。

第一章 オリンピック前の東京で
第二章 米軍時代
第三章 1964年東京オリンピック
第四章 駒込
第五章 日本の野球
第六章 住吉会
第七章 ニューヨークから東京へ
第八章 東京のメディア
第九章 バブル時代の東京
第十章 東京ワンダーランド
第十一章 MLBジャパン時代
第十二章 豊洲と2020年東京オリンピック
エピローグ

ということで,冒頭は1964年東京オリンピックが開催される前の東京の風景の描写で始まる。本書は1964年東京オリンピック前に来日し,多くの人生を日本で過ごし,2020年東京オリンピックを迎えることになった著者の自伝的な作品である。米国カリフォルニア州のユーレカという田舎町の出身だという著者は,家族から離れたい一心で,米空軍に入隊し,19621月に東京に来たという。京王線東府中駅が最寄りの府中空軍基地(今は航空自衛隊基地)の配属になり,太平洋軍電子諜報センターが著者の勤務先だった。
本書をオリンピックという観点から読んでも,1964年大会について,もちろん準備期間の街の様子についての市民目線も知れるし,また大会当時の日本人および外国人の反応の一部も知ることができる。しかし,どうしてもこのページ数でオリンピックに関連する記述は限られており,またヤクザやマスコミに深く関わることになる著者の半生に驚くことが本書の読書の大半を占める。まずは,米軍の兵士として働く傍ら,日本での英会話教師として働いた張本人の声を知ることができる。日本で英会話が流行した時代,英語が話せれば教養がなくても就職できるという,当時は外国人といえば欧米中心だったので,外国人にとっての安易な就職先だったという話は聞いたことがあったが,当事者の語りを読むと説得的だ。著者は外国人として一方ではちやほやされ,もう一方では排斥されるという立場を長期間経験しており,それがジャーナリストを志すきっかけとなり,また彼の作品の主要なテーマでもあった。
4章のタイトル「駒込」は著者が米軍を除隊し,はじめて暮らした町。著者は英会話の教師として生計を立てながら上智大学に学生として通っていた。日本の英会話教室での雇用の話も面白いが,行き当たりばったりでさまざまな人の個人的な英会話教師をしてきた話はとても面白い。1960年代の後半は,エンサイクロペディア・ブリタニカ・ジャパンでサラリーマンとして働いた。この頃は東中野に住んでいたという。この頃のことが書いてあるのは「住吉会」と題された第六章。そう,この頃にヤクザと関係があった。一人のヤクザに気に入られて,いろんな経験をしたようだ。この経験に基づく,著者の日本政治論が面白い。ヤクザは基本的に右派で,自民党が好きだという。自民党は自民党でさまざまな場面でヤクザを利用し,公共事業のための用地取得に伴う立ち退きとか,場合によっては肉体労働者としてヤクザを動員するとか,そんな結びつきがあるという。ヤクザと付き合いがあり,会社の付き合いでは毎日のような酒浸り,そんな自堕落的な日々は急転する。アメリカ人の友人から著者の日本野球談議を本にしろと急き立てられ,まんまとその話に乗ってしまう。日本でしこたま稼いだ貯金で1冊の本を書くにはかなりの労力の入れ方だが,なんとか『菊とバット』という彼の処女作が19776月に出版される(原著は英語)。もちろんそれは,ルース・ベネディクトの『菊と刀』からタイトルを借りている。ここからの記述は打って変わってジャーナリストである。ヤクザとの接点はその後も続くが,あくまでも取材対象としての付き合いのようだ。ジャーナリストになってからは,出版社や球団などとのいざこざが中心に語られる。彼の書く文章がなにかと問題を起こすのだという。
著者は日本人と結婚もするが,奥さんは国連の難民高等弁務官事務所の勤務ということで,世界中をあちこち移住する。著者は東京やニューヨークを拠点に調査・執筆活動を行い,執筆に集中するときは世界一周の航空券を購入し,妻の元を訪れるのだという。どういうチケットかは分からないが,かなり自由がきいて,格安だという。そんなこんなで,著者は日本でバブル経済期も経験し,その崩壊についても詳述している。当然,日本に在住しながらもアメリカ人との交流もあるから,単純に「バブル崩壊」といっても,その状況は人によって違うという。著者は日本野球についての本から,プロレス関係,日本のヤクザ地下世界の本まで書くが,野茂英雄の登場以降,また野球に戻り,当初から日米の野球の違いについて書いていたわけだが,日本の球界自体が変容する時代もどっぷり目撃し,イチロー本も書いている。東日本大震災についても,日本全体の捉え方,東京での捉え方,そして外国人の捉え方をかなり細かく描いている。ようやく最後に2020年東京オリンピックの話になるが,石原慎太郎の話が細かくなされているものの,今年で77歳になる著者だから,かなり回想的にこのオリンピック準備を眺めているようにも思える。

 

|

« オリンピック,メガイベント関連文献(英語編20) | トップページ | 長男は9歳になりました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピック,メガイベント関連文献(英語編20) | トップページ | 長男は9歳になりました。 »