« オリンピック,メガイベント関連文献(翻訳論文編2) | トップページ | オリンピック,メガイベント関連文献(英語編19) »

日本映画3本

2019年922日(日)

府中TOHOシネマズ 『アイネクライネナハトムジーク』
妻が子どもを連れて出かけてくれるというので,事前に前売り券を買っていた,公開したての作品を観た。もちろん私の目当ては多部未華子さんですが,相手役が『君に届け』と同じ三浦春馬君というのも嬉しいキャスティング。原作が伊坂幸太郎というのもいいですね。しかし,この原作が曲者だった。予告編ではこの2人がメインという感じなのだが,それぞれの登場人物の心情を描くという意味で,多部未華子の登場シーンはあまり多くはなかったのだ。そこだけが残念だった。
一方の三浦春馬は出ずっぱりで,改めていい俳優だな,年齢を追うごとにそれ相応の演じ方ができるようになっているように感じた。相変わらず美しい貫地谷しほりさんとか,高校生役の若き俳優たちも輝いています。うがった見方をすれば,個々人の悩みには触れながらも人生の輝かしい部分だけ描いているような気もしますが,フィクションだからそれでいいような気もします。
https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

 

2019年929日(日)

立川シネマシティ 『おいしい家族』
2
週連続で1人で映画を観ることができました。いくつか魅力的な作品はありましたが,板尾創路はあまり好きでないものの,若手の女性監督(ふくだももこ)のオリジナル脚本ということに惹かれてこの作品を選択。浜野健太も俳優としては結構好き。ところで,主演の松本穂香という女優は,予告編でも別の主演作品をやっていたり,最近人気のようだ。しかし,残念ながら私にはその魅力は分からなかった。確かに,最近では少し珍しいはっきりとした顔立ちで,化粧は映え,すっぴんでもいける,という外見の魅力は分かります。演技も下手というわけではないし。個人的な好みですかね。それはともかく,この作品では非常に控えめな演技で,先立たれた妻の洋服を着るという設定の板尾創路は,親戚のおばさんの言葉「似合っているから別にいいんじゃない」というセリフがそのままで,とてもいい。そして,対照的な浜野健太のくどい演技が,この離島の風景,社会とコントラストをなし,素晴らしい作品。そういえば,撮影には新島を使っているようだが,調布飛行場から飛行機路線もありながら,映画では船で移動しており,設定的には『天気の子』とダブっている。東京の離島を取り上げる映画ってそう多くはないと思う。そこがこの映画の肝でもある。女装をする高校の校長先生。それに反発するが実はあこがれていたことが最後に分かる,男子高校生。狭い閉鎖的な社会でありながら,さまざまな異端的人間を偏見なく受け入れていく地元民と,そういう寛容さを学んだはずの東京で暮らす主人公とのコントラストを描いている。
https://oishii-movie.jp/

 

2019年102日(水)

大学が始まりましたが,後期は午前中の東京経済大学だけ。数年前までは国分寺から戸塚まで移動して2コマをこなしていたが,その分の給料が減り,家計が厳しいので,午後は会社に出勤しようかとも考えていたが,妻が正社員に転職するというので,自分のために使おうと思う。とりあえず,伸び切った髪を切るために調布に行くので,ついでに調布で映画を観ることにした。なお,通っている美容院は西調布に引っ越した時から行っているので,もう10年近くになる。その頃は,鏡の下部に埋め込まれたモニターにDVDから上映される映画を観ながらの散髪でしたが,最近はJASRACの取り立てが厳しいらしく,上映はやめてしまった。世知辛い世の中です。

調布シアタス 『宮本君から君へ』
時間的な制約で,選んだ作品はこちら。予告編は観たが,あまり積極的に観たい感じではない。池松壮亮も何となく好きになれない俳優。ただ,蒼井 優ちゃんが体を張って頑張っている作品なので,観てあげることにしましょう。タイトルからなんとなくは感じていましたが,観始めて改めて『モーニング』に連載されたマンガが連載ということを実感しました。痛くてとても観ていられない雰囲気。それを見事に実写で表現しています。まあ,それだけでいいでしょう。ちょこっとだけど,久しぶりに松山ケンイチの姿を観られたのは嬉しかった。
https://miyamotomovie.jp/

 

|

« オリンピック,メガイベント関連文献(翻訳論文編2) | トップページ | オリンピック,メガイベント関連文献(英語編19) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

『アイネクライネナハトムジーク』 口元が軽く緩むような場面が何度かある、ちょいとイイ作品でした。主人公・佐藤の親友の奥様役を演じた森絵梨佳さんがとても可愛かったので、得した気分(笑)。
『おいしい家族』 良かったのですね。ご近所シネコンにはかからなかったし、どうしても観たいというほどではなかったので、パスしてしまいました。DVD化されたなら、チェックしよう。
『宮本から君へ』 テレビドラマの方をざっと観たものの、ちょっと痛い内容だったので、映画には蒼井優ちゃんが出ていながら足を運ぶ気にはなれませんでした。(ご近所シネコンでやらなかったし)
 ********
ところで、今月下旬から今年も【1ヶ月フリーパスポート】を使い始める予定にしています。このサービスも残念ながら今年いっぱいで廃止が決定しており、最後の利用となります。心置きなく活用するぞ!(笑)

投稿: 岡山のTOM | 2019年10月12日 (土) 01時17分

TOMさん

そうですね。森絵梨佳さんは華があってよかったです。
そういえば,『宮本君から君へ』はピエール瀧の出演がありました。とても重要な役どころで,そのまま上映されたのはよかったです。

投稿: ナルセ | 2019年10月12日 (土) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピック,メガイベント関連文献(翻訳論文編2) | トップページ | オリンピック,メガイベント関連文献(英語編19) »