« 体調不良で久しぶりに3日間ゆっくり過ごしました | トップページ | 子どもと映画を観る楽しみを覚えました »

文明の衝突

ハンチントン, S.著,鈴木主税訳(1998):『文明の衝突』集英社,554p.2,800円.

 

非常勤先の授業で,前期は日本地理を,後期は世界地理を教えている。今年度からは教科書はなくし,日本史・世界史の復習を地理的観点から行い,現代の問題へとつなげるような内容をオリジナルで考えている。とはいえ,前期・後期ともに中心となる参考図書を決めていて,後期はラコストの『地図で見る国際関係』(原書房)を使っている。今度,この図書とは関係ないが,世界の宗教について論じ,世界で起こる紛争の原因は宗教ではない,と語るつもり。宗教による対立を主張する著名な著作ということで,本書を読んでおこうと思った。フランシス・フクヤマ『歴史の終わり』などと並んで,冷戦終結以降の世界を論じた代表的な著作だが,読んだことはなかった。フクヤマの本も同様だが,ハンチントンの文明の衝突論は,はじめに1993年に『Foreign Affairs』に掲載された論文が話題となり,本書自体は1996年に発行されている。

第一部 さまざまな文明からなる世界
 第一章 世界政治の新時代
 第二章 歴史上の文明と今日の文明
 第三章 普遍的な文明? 近代化と西欧化
第二部 文明間のバランスのシフト
 第四章 西欧の落日:力,文化,地域主義
 第五章 経済,人口動態,そして挑戦する文明圏
第三部 文明の秩序の出現
 第六章 文化による世界政治の構造変化
 第七章 中核国家と同心円と文明の秩序
第四部 文明の衝突
 第八章 西欧とその他の国々:異文化間の問題点
 第九章 諸文明のグローバル・ポリティックス
 第十章 転機となる戦争から断層線の戦争まで
 第十一章 フォルト・ライン戦争の原動力
第五部 文明の未来
 第十二章 西欧とさまざまな文明と単数形の文明

文明や文化という概念を世界区分の基準としたり,紛争の原因とみなす考え方に私は強く違和感を抱く。しかし,やはりこれだけ世界的に話題になった本であることもあり,論旨はしっかりしているという印象。そもそも著者によれば,この議論が冷戦終結直後に構想されたこともあり,その頃は政治体制などが紛争の原因であるという考え方が一般的であり,文明という観点で世界のあり方を捉える考え方はある意味で新しかった。また,サイード『オリエンタリズム』も言及されているが,世界を二分法で論じるのはそれはそれで有効であるものの,世界の多様性を捨象した上で成り立つ議論である。また,国家単位で紛争や秩序を論じるものは,現実を反映するものだが,極端に言って世界を184ヶ国で論じるものであり,一般論にはなりえない。ハンチントンは文明という観点から世界を8つに区分している(アフリカ文明が存在するとした場合,そして掲載されている世界地図には「仏教」の区分があり,これを入れれば9つになる)。この考え方は,私が都道府県名の研究で構想している考えに近い。日本の多様性を論じる場合に,日本を国単位で論じる日本論や日本人論は強引な一方で,市区町村単位で論じることは,そもそも地名の認知度からして無理がある。47都道府県という数は日本の多様性を考慮しているという点でちょうどよいのではないか,という考えだ。とはいえ,これを私が積極的に推し進めるのではなく,批判的に都道府県の意味を脱構築しようと考えているということだが。
ともかく,そういう世界の捉え方において,著者の戦略は一般読者にうまくなじむのだと思う。しかも,世界を文化や文明という観点で区分した人は歴史的に多いことを示す。トインビーは23区分。シュペングラーは八大文明,マクニールは9つの文明,バグビーは日本と東方正教会を別にするのであれば11,ブローデルは7つの主要文明,という具合だ(p.58)。ウォーラーステインの『地政学と地政文化』の文明論にも言及しているし,当然文明概念の単数形と複数形も議論されている。さすがに,世界的に話題になった著者であるから,一つ一つの事実は,過去のものは研究文献を,現在のものは報道文献などを適宜参照していて抜け目ない。また,サッセン『グローバル・シティ』(2001年)などとの傾向にも近いのか,統計データに基づく図表が数多く掲載されているのも特徴である。かつての文明論のようなものとは異なり,定量的な論拠も示す説得性を有している。文化や文明を強調してはいるが,政治はもちろんのこと,経済や人口動態にも目配せをしている。特に人口動態は本書において重要な要素であり,欧米の先進国が人口減少に陥っている一歩で,経済発展を遂げている中国やインドでは人口が増え,また非欧米圏のイスラームやアフリカではそれ以上に人口が増えている。英語やキリスト教は今後影響を増していくことはありえず,中国語やイスラーム教の影響が増しているのだ。
そこまでを踏まえた第四部から,衝突の内容に入っていく。その前の第三部で論じられているが,「引き裂かれた国家:文明の再定義の失敗」と題し,文明の境界線(本文では断層線(フォルト・ライン)という言葉がよく使われる)にある国家は,歴史上難しい選択を迫られるといい,ロシア,トルコ,メキシコ,オーストラリアという国々の状況が議論される。第四部ではよりミクロな事件へと焦点を合わせていくが,徐々にイスラームに注視していく。データを示しながら,戦後の衝突で文明間のもの,文明内のものを列記しながら,いかにイスラームが関わるものが多いか,しかも文明内ではなく,文明間の衝突の多くがイスラームに関わるものであることを繰り返し強調するのだ。もちろん,数値はハンチントン自身がつくったものではないが,この辺りの記述が批判的な論点になったように思う。イスラームは好戦的だという根拠のない一般的なイメージを本書は補強している。学術的な根拠をつけるから,多くの人は,やっぱりイメージ通りだ,となり考えを改めることをしない。
本文では,本書の最大のキーワード,文明を文化と置き換え可能な形で用いている。文明概念の検討ではウォーラーステインの『ポスト・アメリカ(原題:地政学と地政文化)』にも言及して,文明概念の単数形と複数形の議論も踏まえて,本書では主に複数形で用いられているが,文明と文化の違いには意外にも無頓着だ。また,過去の植民地支配のこともかなり事細かに検討されており,ヨーロッパ文明のその影響(キリスト教や言語など)も論じている。文化・文明は静態的ではなく動態的に変化するものだと認識しているはずなのに,文明を政治経済の原因・理由とする場合には静態的に捉えられる。それは長期間変わらないものであり,その土地固有で変えられないものであるかのように語っている。そもそも初期のカルチュラル・スタディーズの論者や,西川長夫『国境の越え方』で国民国家批判を展開する際に,文化概念を根底から問い直すような作業は本書にはない。著者はあくまでも本書を学術書ではなく,エッセイのようなものだと書いていた気がするが,影響力の大きさからいうと,学術的か否かということはあまり関係ない気がする。
最近,フランシス・フクヤマも新著を発表したようだ。改めてこの時代に出された話題になった著書を読んでおく作業は必要かもしれない。

|

« 体調不良で久しぶりに3日間ゆっくり過ごしました | トップページ | 子どもと映画を観る楽しみを覚えました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体調不良で久しぶりに3日間ゆっくり過ごしました | トップページ | 子どもと映画を観る楽しみを覚えました »