« Olympic Cities | トップページ | 2020年前半に観た映画 »

今年公表された研究成果をまとめて紹介します

先ほど久しぶりの読書日記を投稿しました。前回は2月でした。この『Olympic Cities』は借りている本で,読み終わったのですが,読書日記は細かく書きたいなと思いつつ,それが中断してしまい,なんとなくblog自体から遠ざかってしまっていました。

その間に,新しい論文がいくつか公表されたので,お知らせします。

成瀬 厚 2020. 日本におけるオリンピック研究.コミュニケーション科学 51: 117-160
このblogでもさんざんオリンピック研究を紹介してきましたが,それがようやくまとまりました。こちらは日本語文献のレビューで,非常勤先の紀要にのせてもらいました。
http://hdl.handle.net/11150/11434

現代地政学事典編集委員会編 2020. 『現代地政学事典』丸善
こちらは,3項目で執筆させていただいています。
「地政学と言説・表象」(380-381),「メディアと大衆地政学」(406-407),「ポストモダン地政学」(410-411
https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/b303600.html

成瀬 厚 2020. 地名の認識論序説.空間・社会・地理思想 23: 3-12
いくつかの学会誌で掲載不可になり,最終的にこの雑誌に引き取ってもらいました。単著で掲載していただくのは初めて。
http://lit.osaka-cu.ac.jp/geo/Space,%20Society%20and%20Geographical%20Thought.htm

成瀬 厚 2020. 地図とは,地理学者にとって崇高な対象である.ユリイカ 52 (7): 78-86
4
月初旬に執筆依頼があり,5月下旬に出版されるというスピード。素晴らしい特集に参加させていただきました。
http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3437

成瀬 厚 2020. メガ・イベント研究からオリンピック研究へ――地理学的主題の探求.経済地理学年報 66 (1): 3-28
オリンピック科研のメンバーを中心に特集を組んでもらい,経済地理学会会員ではありませんが,書かせていただきました。こちらは英語文献のレビュー
http://www.economicgeography.jp/journal/nenpo-66-1/

今年は実りの多い年でした。単著論文を全て「筆者」ではなく「私」で書いたことも大きな収穫。

|

« Olympic Cities | トップページ | 2020年前半に観た映画 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Olympic Cities | トップページ | 2020年前半に観た映画 »